logo

神奈川県「大学発・政策提案制度」に採択 -- 若年層にピロリ菌感染対策を啓発 -- 横浜市立大学

横浜市立大学 2017年08月28日 08時05分
From Digital PR Platform


須江聡一郎助教による提案事業「神奈川県の若年者によるヘリコバクターピロリ感染症対策のモデル事業」が、神奈川県の「大学発・政策提案制度」に採択された。
本事業では神奈川県と協働して、胃がんの原因ともいわれるヘリコバクターピロリ菌(以下、ピロリ菌)の感染について大学生等を対象に若年層の段階から検査し、アンケート調査の結果を県ホームページなどで情報発信することで、感染によるリスクや治療に関する啓発活動を展開する。


 本事業では神奈川県と協働して、胃がんの原因ともいわれるピロリ菌の感染について大学生等を対象に若年層の段階から検査し、アンケート調査の結果を県ホームページなどで情報発信することで、感染によるリスクや治療に関する啓発活動を展開。また、検査により陽性の場合は、未病*の段階から除菌治療を行い、その重要性について情報発信していく。

未病*・・・人の健康状態は、ここまでは健康、ここからは病気と明確に区分できるわけではなく、健康と病気の間で連続的に変化しており、その状態を「未病」といいます。

※研究の詳細は添付のPDFをご覧ください。

▼お問い合わせ先
<内容に関するお問い合わせ>
 学術院医学群 医学部 消化器内科学教室 
 助教 須江 聡一郎
 TEL: 045-787-2326

<取材対応窓口>
 研究基盤課長 竹内 紀充
 TEL: 045-787-2019

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。