logo

マレーシア2拠点目となる営業拠点を「ペナン州」に開設

株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤亮一)の海外法人である、Reeracoen Malaysia Sdn Bhd(本社:マレーシア クアラルンプール、代表:内藤 兼二、以下、リーラコーエンマレーシア)は、新たにマレーシアのペナン州に営業拠点を開設いたしました。




[画像: リンク ]


ペナンオフィスは、マレーシア国内における当社の拠点はクアラルンプールに次ぐ2拠点目で、海外拠点は累計で22拠点目です。ペナンオフィスでは、マレーシア国内でビジネスを行う日系企業をクライアントとし、マレーシア人を対象とした人材紹介サービスを提供してまいります。

<開設背景>
ペナン州は、マレーシアに次ぐ第二の都市といわれており、日系企業の進出状況もクアラルンプールの約700社に次いで約350社と非常に多い都市です。ペナン経済は主に、「製造業(49%)※1」と「サービス業(46%)※1」の二本柱で成り立っており、日系企業の業種は、繊維、電子・電気関係などのメーカーを中心に、その他は運輸、倉庫業、サービス業等が続きます。
(※1)ペナン州経済概況 在ペナン日本国総領事館 経済班
リンク

マレーシア政府は2020年までの高所得国家入りの目標(ビジョン2020※2)を掲げ、より付加価値の高い生産・産業構造への転換(バイオテクノロジー、グリーンテクノロジー、高い技術を有する中小企業の育成等)を目指すとしています。それに向けペナン州においても、研究開発、デザインといった高度技術を要する産業の誘致、育成に力をいれていく方針です。その為、今後も更なる日系企業のマレーシア進出が見込まれます。同時に、マレーシア人にとって日系企業が職業選択のひとつとなることが増え、両者のマッチング機会の拡大が考えられます。
(※2)国際機関日本アセアンセンター(東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター)
リンク

また、中心都市であるジョージタウンには、住宅街、ショッピングモール、ホテル、病院、官公庁といった施設が充実している一方で、歴史的な教会や寺院が多数点在し、観光名所として人気を集め世界遺産としても登録されています。また、島の北部は高級リゾートホテルが立ち並ぶエリアとして、世界各国から観光客が訪れ、日本人観光客も年間4万人にも及びます。近年では、マレーシア政府の積極的な誘致の成果から、リタイア後の日本人長期滞在者が増えております。こうしたビジネス環境から、より一層の就業機会の拡大が見込まれマレーシアにおける人材需要が増加すると考え、開設の運びとなりました。

今後は2020年10月までに500名の雇用創出を目標としています。

■リーラコーエンマレーシア(ペナン)の概要
商号 :PENANG BRANCH OF REERACOEN MALAYSIA SDN BHD
所在地 :Suite 1-06-3A, Menara IJM Land, 1 Lebuh Tunku Kudin 3,
      11700 Gelugor,Penang, Malaysia
電話番号:+604-2919 928
メール :info-my@reeracoen.asia
代表者 :内藤 兼二
事業概要:人材紹介事業

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]