logo

細胞記憶の理解に新たな糸口 -- DNA メチル化パターンの継承メカニズムに迫る -- 横浜市立大学

横浜市立大学 2017年08月21日 08時05分
From Digital PR Platform


横浜市立大学 大学院生命医科学研究科 構造生物学 有田恭平准教授、理化学研究所などの国際共同研究グループが、DNAメチル化パターンの継承メカニズムの一端を明らかにし、米国の科学雑誌『Molecular Cell』(9月7日号)に掲載される(日本時間8月11日オンライン掲載)。


 生体内の細胞は遺伝情報(ゲノムDNA)を持っているが、それぞれの細胞が固有の性質を獲得するためには、DNAのメチル化が重要な役割を持つことが知られている。
 ゲノムDNAのメチル化パターンは、細胞固有の性質が記録されている「細胞記憶」の一つと考えられている。
 ゲノムDNAのメチル化パターンの継承には、UHRF1というタンパク質が必須な役割を持つことが知られており、今回、国際共同研究グループは質量分析法を用いて、DNAの複製においてDNAメチル化パターンの継承が効率的に行われるメカニズムを解明した。
 本研究成果により、今後、細胞がいかにして「その細胞らしさ」を維持しているのか、細胞記憶を理解する上で新たな糸口になると期待できる。

※研究の詳細は添付のPDFをご覧ください

▼内容については発表者にお問い合わせ下さい
<発表者>
 理化学研究所 眞貝細胞記憶研究室
 主任研究員 眞貝 洋一(しんかい よういち)
 大学院リサーチ・アソシエイト 津坂 剛史(つさか たけし)
 TEL: 048-467-9370
 FAX: 048-462-4670
 E-mail: yshinkai@riken.jp (眞貝) 、 takeshi.tsusaka@riken.jp (津坂)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]