logo

日本一の温泉都市「別府」× 世界初の音声翻訳デバイス「ili」。 世界初の友達都市(TOMODACHI-CITY)試行プロジェクト開始!!

株式会社ログバー 2017年08月17日 14時17分
From PR TIMES

2017年、9月よりiliを別府市に導入!地域に根ざした翻訳ツールを目指します。

世界中で動画再生回数1億回を突破し話題の翻訳デバイス「ili(イリー)」を手掛ける株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吉田卓郎、以下ログバー)は、温泉源泉数・湧出量ともに日本一を誇る温泉都市「別府市」とともに、 世界初の友達都市(TOMODACHI-CITY)試行プロジェクトを開始いたします!



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


~持続可能なインバウンド観光エリアへ~
訪日外国人旅行者と現地の方々の間に交流が絶えない「日本一おしゃべりな温泉都市」へ

別府市では、観光「まち」づくりから観光「ひと」づくりへの実践を翻訳機ili(イリー)を用いて行います。平成27年度の訪日外国人観光客が43万人を越え、前年比で30%以上も増加いたしました。別府市の観光資源に対する潜在的な関心が高まる中、観光を軸としたまちづくりで必ず起こる言語の問題に対して、最先端の技術を使用した世界初の取り組みとなります。訪日外国人旅行者との「交流」をテーマに地域の新しい価値を生み、地域の魅力をより一層伝えられる街を目指してまいります。

[画像3: リンク ]



■TOMODACHI-CITY コンセプトムービー


[動画: リンク ]


コンセプト動画 URL : リンク
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

スタッフが訪日外国人客の対応のためだけに利用する翻訳ツールではなく、訪日外国人旅行者もili(イリー)を手にすることで、相互にコミュニケーションが取れる街として進めていきます。地元住民と、訪日外国人旅行者との「交流」を重要な価値とし、地元住民が積極的にコミュニケーションが取れ、街の主役として、別府市の魅力を創造していけるような施策を行っていきます。これからの別府市では、観光「まち」づくりから観光「ひと」づくりを実現していきます。

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


チームで試合をする時は、ユニフォームが必要なのと同様に、別府市では、ili(イリー)に、オリジナルのケースを使用し、
地域が一体感と統一感を持ち、本試行プロジェクトを推進していきます。また、地元で使う固有名詞を随時追加し別府市独自の辞書を構築いたします。例えば「地獄めぐり」を単語として登録する事で、より地元に密着した翻訳機として成長させていきます。 日々の会話データも収集可能です。訪日外国人旅行者の困りごと、要望を可視化し、観光地での変化、観光地に特化した対応を会話データを活用していきます。


[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

インバウンド対策で1番の課題が「言語」であるよう に、それは訪日外国人旅行者にとっても同じこと。 別府市内にある飲食店や宿泊施設には「アクセプタンスマーク」を設置(予定)。外国語が話せるスタッフがいない場所においても、ili(イリー)を使用した交流を生む工夫をいたします。また、ili(イリー)を導入した場所を示した「iliマップ(仮)」を別府駅をはじめ市内の観光案内所等で配布する予定です。現在、英語、中国語、韓国 語で90%以上の訪日外国人旅行者をカバーすることが可能となっています。

ili法人向けサービス Webサイト: リンク


■ウェアラブル音声翻訳デバイス「ili(イリー)」とは

[画像10: リンク ]


ili(イリー)は、インターネットに接続する必要がないので、旅行中でも通信状態に関わらず、伝えたいその瞬間に使えます。「旅」に特化した辞書を搭載。これ一つで語学学習に必要な数千時間分のコトバを使って旅行を楽しむことが可能に。さらに直感的に操作できるから、まるであなたが直接話しているかのようにスムーズに気持ちが伝わります。

対応言語:日本語、英語、中国語(韓国語は9月より順次対応予定)※今後更に追加予定。


ili製品サイト: リンク

[画像11: リンク ]


------------------------------------------------
株式会社ログバー(Logbar)とは
------------------------------------------------

[画像12: リンク ]

2013年2月に設立。新たなコミュニケーションを生むためのキッカケをテクノロジーを通して創り出す企業です。認識技術と超小型化設計技術を駆使しウェアラブル翻訳デバイス ili を開発中。今後はiliを商品化し販売、海外渡航者・インバウンド(訪日外国人旅行)市場に向けて多言語によるコミュニケーション不全を解消し、世界中の人たちが言語の壁を感じることなくコミュニケーションできる世界を実現させていきます。

商号: 株式会社ログバー
代表者: 代表取締役CEO 吉田 卓郎(よしだ たくろう)
本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-7-6 Urban Ebis Studio 1A
設立年月日: 平成23年2月25日
資本金: 376,100千円
Webサイト: リンク
事業内容: ウェアラブルデバイス開発・企画・製造・販売事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。