logo

金沢工業大学の学生プロジェクトが体験型演出で白山比め神社の参道をライトアップ -- 8月9日(水)~8月11日(金)

金沢工業大学 2017年08月08日 20時05分
From Digital PR Platform


白山比め神社で8月9日(水)~8月11日(金)に行われる白山開山1300年記念奉祝大祭の共催イベントとして、金沢工業大学の学生たちが光の空間演出を行う。


 建築・情報を専門とする学生による「KANAMEプロジェクト(※1)」が映像とセンサー、灯りのオブジェを使い、禊場へと続く参道に空間演出を行う。テーマは「未来への結び」で、記念事業全体のイメージをつくりあげる。
 空間演出は、参加者が未来への願いを書き投函すると映像が反応するオブジェなど、体験型の演出になっている。また、参道の各所に金澤月見光路(※2) のオブジェを配置し、白山比め神社全体をライトアップする。
 白山比め神社の荘厳な雰囲気のなか、映像とセンサーにより未来を表現したデジタルアートを体験できる。

■白山開山1300年記念奉祝大祭
・日時: 平成29年8月9日(水)~平成29年8月11日(金)
・場所: 白山比め神社

■金沢工業大学ライトアップイベント「未来への結び」
・日時: 平成29年8月9日(水)~平成29年8月11日(金) 19:00~21:00
・場所: 白山比め神社 禊場前参道
・映像制作: 金沢工業大学KANAMEプロジェクト
・協賛: 鹿島建設株式会社

(※1) KANAME(読み:かなめ)プロジェクト
 建築学専攻・情報工学専攻の大学院生3名と、メディア情報学科の学部生1名で結成された、エンターテイメントを中心としたものづくりを行う学生プロジェクト。学科横断型のプロジェクトチームを組むことで、専門分野を超えた可能性に挑戦する。メンバーは、学部時代からさまざまなプロジェクトに積極的に参加してきた大学院生を中心に構成され、おのおのがそれぞれの分野において独自のスキルを身につけたクリエイター集団。
 「Make a fun. Make a message.」をスローガンとし、活動によって生み出される価値がただの高度なクリエイティビティで終わることなく、人々の生活の豊かさに還元できるよう、ストーリー構成、コンセプト、デザインの概念をプロジェクトマネジメントに組み込んで、作品づくりを行う。

(※2) 金澤月見光路(読み:つきみこうろ)
 毎年10月に行われる、あかりのオブジェで金沢市中心街を演出するイベント。金沢工業大学月見光路プロジェクトの学生が、あかりのオブジェおよそ150個をデザイン・制作し、しいのき迎賓館や金沢21世紀美術館の広場を幻想的に演出する。建築デザイン学科、建築学科の学生約100名がメンバーで、産官学および地域連携の活動として、2016年で13年目を迎えた事業。
<受賞実績>
・北陸建築文化賞(2007年度)
・グッドデザイン賞(2009年度)
・金沢市文化活動賞(2013年度)

▼本件についての問い合わせ先
 金沢工業大学広報課
 TEL:  076-246-4784
 E-mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。