logo

夢中になれる、大人のTOEIC(R)効率学習の決定版『スタディサプリENGLISH TOEIC(R)L&Rテスト対策コース』新登場

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2017年08月08日 11時00分
From PR TIMES

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ ENGLISH』は、8月7日より「スタディサプリENGLISH TOEIC(R)L&Rテスト対策」の提供を開始しました。



 TOEIC(R)は、就職や転職、社内昇進条件や、大学入試での活用など、英語力を測る基準としてだけではなく、自身のキャリア育成に必要なものとして、重要度がますます高まっています。
 最新の音声認識技術などを使用し、『話す力』『聴く力』を最短距離で楽しく身に付ける事にフォーカスした全く新しい形の次世代型オンラインスクール『スタディサプリENGLISH』は、TOEIC(R)対策において、学習者が圧倒的に感じる「忙しくて時間がとれない」課題を解決する、効率的なTOEIC(R)学習に最適なサービス『スタディプリENGLISH TOEIC(R)L&Rテスト対策コース』(月額2,980円/税抜)の提供を開始しました。

■大人のTOEIC(R)学習で圧倒的に足りないのは「学習時間」。限られた時間の中で習慣化できるかどうかが鍵。
『スタディサプリENGLISH』が今年6月に実施した調査によると、過去3年以内にTOEICを受験した638名の中で、目標のスコアを達成できた人は全体の22.6%で、約7割の方が目標達成できていないことが分かりました。また、受験までの学習期間は2ヶ月未満が61.6%と回答。さらに、1日あたりの平均学習時間も1時間未満が82.2%と、期間も時間も圧倒的に不足していることが分かりました。働きながらまとまった学習時間を作り出すことは難しいもの。今の生活の中で、通勤時間等を活用して継続学習を少しずつ行うことがスコアアップの大きな鍵と言えます。


[画像1: リンク ]

■TOEIC(R)学習挫折の原因「学習時間不足」につながる「3つのない」に 対する様々な機能をご用意。

1.「時間がない」人のために~最短2分から取り組めるプログラム構成
最短2分程度での演習問題から、スマホ・PCで取り組むことが可能。通勤等の移動時間や休み時間、寝る前のひと時など、思い立ったときにすぐに学習に取り組むことができます。

2.「わからない」人のために~TOEIC(R)満点を獲り続ける関正生氏による5分神授業
受験勉強から遠ざかって英語の基礎を忘れた方でも大丈夫。スタディサプリ第一人者であり、TOEIC(R)対策シリーズ累計80万部のベストセラー著者の関正生氏が、中学・高校レベルの英文法からTOEIC(R)各パート対策まで、5分程度の動画で、丸暗記から解放される英語の「核」を押さえた解説を展開。短期間での学び直しを実現します。


3.「やる気がない」人のために~学習記録の可視化やオンラインならではの演出でモチベーションサポート
ログインしたときから始まるBGM、「どれだけやったか」分かる学習時間や回数の記録グラフ、演習で正解した際のうれしくなる演出など、学習者が思わずつづけたくなるようになるためのサポート機能が充実。少しずつ取り組んでいくうちに、基礎力がつき、学習自体が楽しくなるように。


[画像2: リンク ]

商品概要
■利用料金:
月額2,980円(税抜)
6ヶ月パック16,680円(税抜)
12ヶ月パック29,760円(税抜)

■対応プラットフォーム:
iOS、Android、パソコン対応

■対象:
これからTOEIC(R)を受験する方
日々の英語学習をしたい方


■特長:
(1)リスニング、リーディング、英文法、単語のすべての対策を網羅
(2)最短2分程度の演習・レッスンからできる取り組みやすいプログラム設計
(3)TOEIC(R)を知り尽くした演習問題執筆陣
(4) 関正生氏の神授業によるTOEIC(R)の「核」を押さえた理解促進
(5)通訳育成トレーニングでも活用されているプログラム(シャドーイング、ディクテーション)を活用した英語総合力の育成
(6)TOEIC(R)L&R対策コースをWEBご利用頂くと、同アカウントで姉妹サービス「スタディサプリENGLISH」(月額980円(税抜))が無料利用可能


『スタディサプリ ENGLISH』は、2015年10月より日常英会話領域からサービス提供を開始しUX(ユーザーエクスペリエンス)の良さなど高い評価を頂き、全国の中学・高校約50校でも授業などで利用されています。
今後も英語学習に取り組むすべての方を応援するサービスを提供してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事