logo

「ぐるなびPOS+ Table Top Order」の販売を開始

~人手不足に対応する新たなツールの導入へ~

飲食店の注文からお会計までの業務を効率化



 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、飲食店でお客様自身で注文できるセルフオーダーシステム「ぐるなびPOS+ Table Top Order(ぐるなびポスタス テーブルトップオーダー)」を2017年8月8日(火)より販売を開始します。

 「ぐるなびPOS+ Table Top Order」は、ぐるなびPOS+連携のオプションサービスとして、飲食店の各テーブル毎に設置しお客様自身で注文いただけるセルフオーダーシステムです。これにより、注文機会の損失を防ぎ注文率の向上が期待できるほか、スタッフの注文対応業務がなくなり人手不足の課題解決にも期待が持たれます。注文内容はぐるなびPOS+に連携することで、注文からお会計までの業務の効率化が可能となります。

 ぐるなびは、これまで培ってきたノウハウとICTの活用により、飲食店への販促以外の業務支援としてモバイルPOSレジシステム『ぐるなびPOS+(ポスタス)』の販売を2017年4月より開始しています。ぐるなびPOS+の機能に「ぐるなびPOS+ Table Top Order」や決済システム『ぐるなびPay』、さらに今後は、予約システムなどと連携させ、飲食店を訪れるお客様の利便性向上と飲食店の更なる業務支援に取り組んでいきます。


■ 特徴・機能とサービスイメージ


・特徴
 1. 低コストで導入可能
   専用端末ではなく、汎用タブレットを採用しています。
   機能を必要性の高いものに割り切ることで、低価格での導入を可能にしました。
 2. 人件費の軽減
   お客様自身が注文を行うので、スタッフの注文対応業務がなくなり人件費を削減することが可能です。
[画像1: リンク ]



・機能
 1. インバウンド対応
   日本語・中国語・英語・ベトナム語を標準装備し、ワンタッチで言語の切り替えが可能です。
 2. 容易なテーブルコントロール
   オーダーストップ機能や品切れ対応、端末単位でのメニュー構成の設定などが可能です。テーブルごとのコ
   ントロールが容易にでき、オペレーションミスの軽減になります。
 3. ハンディ併用など柔軟利用
   店舗数や業態、各店舗の運用に合わせ、テーブルへの据え置きや、特定の時間帯のみの利用など、柔軟な活
   用が可能です。ハンディ端末のオーダーエントリーシステムとの併用も可能です。
 4. ターミナル端末でテーブル状況を確認
   入卓設定や各テーブルの注文履歴、スタッフの呼び出し指示等の確認が、ターミナル用タブレットでできま
   す。

・サービスイメージ
 - 客席用タブレットから指示された注文情報は、ターミナル用タブレットにて集約しぐるなびPOS+を連携し、
  キッチンプリンタから調理場へ注文内容が伝達されます。

 -「ぐるなびPOS+ Table Top Order」は、Table Orderアプリをタブレットにダウンロードすることで2つの
 機能を利用できます。
  1.Table Order機能【客席用タブレット】
    お客様自身で注文が可能です。注文履歴の確認やスタッフの呼び出しをすることができます。
  2.ターミナル機能【ターミナル用タブレット】
    入卓設定や各テーブルの注文履歴確認、スタッフの呼び出し指示の確認等ができます。

[画像2: リンク ]



■「ぐるなびPOS+」とは
 iOS端末のスマートフォンやタブレットに対応した飲食業向けのクラウド型モバイルPOSレジです。販売管理や商品出数分析等の機能に加え、飲食店向けのオリジナルな機能として、来店客の売り上げ、客単価、注文点数、注文商品を席単位で分析や売上管理ができるほか、勤怠・シフト管理なども行うことができます。
リンク

■「ぐるなびPay」とは
 ぐるなびPOS+と連携するマルチ決済サービスです。コイニー社が提供する「Coineyターミナル」によるクレジットカード決済、「Coineyスキャン」によるWeChat Pay決済が可能です。また、「ぐるなびPOS+」との連携により注文から決済まで一連のオペレーションでスムーズに利用することが可能です。今後、電子マネーや、ぐるなびスーパーぐポイント(*)さらにはビットコインでの支払いなど、ぐるなびPayの拡張を予定しています。
リンク
*ぐるなび会員が飲食店のネット予約や、ぐるなびECサイトを利用することで貯めることができるポイントです。
 

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事