logo

ニールセン、AIスポーツマーケティング新興企業のvBrandを買収

ニールセン 2017年08月04日 10時19分
From 共同通信PRワイヤー

ニールセン、AIスポーツマーケティング新興企業のvBrandを買収

AsiaNet 69548 (1168)

【ニューヨーク2017年8月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*vBrandの最新機械学習プラットフォームは、成長するニールセンスポーツ事業に統合され、スピードとスケールを強める。

ニールセン(Nielsen、NYSE: NLSN)は4日、スポーツ企画でブランドの露出と影響力を測定する機械学習プラットフォームを開発したイスラエルのテクノロジー新興企業、vBrandを買収したと発表した。vBrandとその技術はニールセンスポーツに完全統合され、同社の代表的スポーツサービスのSport24とSocial24のスピードとスケールを強めることになる。

Logo: リンク

ニールセンスポーツは業界で先進的なスポンサーシップの測定力と方式で、スポーツで最も強力とみなされているが、vBrandの最新技術の買収でさらにその勢いが強まる。スクリーン上でブランドのポジションを探し当て、測定するニールセンスポーツのロゴ認識・メディアモニター技術は、vBrandの機械学習でスピードが格段に速くなる。特にvBrandの技術によって、ブランドと権利の保有者はイベントの数時間内にスポンサーシップの視認度をモニターして追跡し、トーナメント戦、コンペの週末とシーズンの中でデジタルサイネージや広報宣伝を調整することが可能になる。

競争が激しく細分化されたマーケットプレースで消費者にリーチしようとするブランドにとって、スポーツマーケティングはますます重要になっている。ひいきのリーグやチーム、アスリートをファンが確実に観戦しようと構える中で、グローバルなスポーツとエンターテインメントのスポンサーシップ支出は2017年だけで600億ドルを超える見通しだ。ニールセンスポーツの代表的なマーケティングソリューションは年間で数百万時間のコンテンツを測定し、1700以上の上級権利保有者やブランド、エージェンシー、放送局へ分析と検証を伝えるのに役立っている。

ニールセンエンターテインメントのハワード・アッペルボーム社長は「この素晴らしい買収は、わが社のスポーツクライアントに対する積極性と貢献を表している。vBrandの技術をニールセンスポーツの今のスポンサーシップ評価手順に加えると、世界中の企画とイベントをカバーする規模がさらに拡大する。タイムリーな露出情報も得られ、クライアントはスポンサーシップのプレースメントで素早く賢明な決断ができる。ニールセンスポーツのブランド露出データと測定指標はグローバルなスポーツマーケットプレースで通貨とみなされており、今回の買収でそれが強化されることに喜んでいる」と話した。

vBrandのヤエル・ドール最高経営責任者(CEO)は「ニールセンによるvBrandの買収は、われわれが事業を続けてサービスを次の段階に高めるのに、絶好の機会である。わが社の先端技術がニールセンのプラットフォームに加わると、スポーツスポンサーシップ投資の透明性と明瞭さをスポーツマーケターに与え、ニールセンのマーケットにおける先導的地位を高めると確信している」と語った。

vBrandのタミール・ルビンスキー共同創業者兼最高技術責任者(CTO)は「われわれの独自の動画分析・ディープラーニング技術を携えてニールセンに加わり、そのスポーツ分析事業をパワーアップできることは素晴らしい」と述べた。

今回のニールセンによるvBrand買収は新たなマイルストーンになったが、両社はこれまでも良好な関係を築いている。テルアビブ本社のvBrandは、Israel Innovation Authority(旧Office of the Chief Scientist of Israel)が認定したニールセンの基礎技術起業支援組織であるニールセンイノベートの卒業生である。

ニールセンイノベートのドブ・ヤーコニCEOは「ニールセンイノベートはほとんどの起業支援組織とは少し異なるアプローチを取って、支援する企業を導き、指導している。投資の提供に加えて、初期段階の新興企業を成功させて拡張するグローバルビジネスに導くことが目標である」と強調した。

ニールセンイノベートは2013年の設立以来18の新企業に資金提供してきた。その多くの企業はそれぞれのソリューションを試験実施したり、欧米や中国にあるニールセンの大手クライアントに売却している。

▽ニールセンについて
ニールセン・ホールディングス(Nielsen Holdings plc、NYSE: NLSN)はグローバルなパフォーマンスマネジメント会社で、消費者の視聴行動、購買行動の総合的な調査報告を提供している。ウォッチ(視聴行動分析)部門はメディア・広告クライアント向けに、あらゆるデバイス上での動画・音声・テキストのコンテンツのトータルオーディエンス測定サービスを実施している。バイ(購買行動分析)部門は消費パッケージ商品メーカーや小売企業を対象に、業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を出している。ニールセンはウォッチ部門とセル部門の情報を他のデータソースと組み合わせ、クライアントのパフォーマンス向上を助ける分析を届けている。S&P500企業であるニールセンは世界人口の90%以上を網羅する100ヵ国以上に拠点を置いている。詳細はwww.nielsen.com 、ニールセンイノベートの詳しい情報はwww.nif.vc をそれぞれ参照。

▽vBrandについて
vBrandはタミール・ルビンスキー氏とエリ・ベンデービッド氏が設立し、あらゆるプラットフォーム上でのリアルタイムなスポーツスポンサーシップ測定、プランニング、データ分析の最大活用に取り組む大手企業。vBrandは最新の画像認識技術と独自のAI、ディープラーニング・アプリケーションを活用し、従来型テレビやデジタルテレビ、インターネット、ソーシャルメディアでのスポーツスポンサーシップ露出の価値を測定する。そのプラットフォームはフレームごとに自動的および精密に、スポンサーのロゴが人の目に触れるごとに探知し、同時に経過時間、サイズ、イメージの鮮明さなどスポンサー露出の影響要因を測定している。さらにvBrandのプラットフォームは、プラットフォームにまたがるすべてのデータをリアルタイムで分析している。詳しい情報はwww.vbrandsports.com を参照。

ソース:Nielsen

▽問い合わせ先
Media Relations:
Tom Scott
tom.scott@nielsen.com
mobile + 44 7824 991 579
Gina Katzmark
gina.katzmark@nielsen.com
mobile +1.218.310.2259

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事