logo

『KAITO セキュアレコーダ on Cloud』を提供開始

株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂倉 猛 以下、JMAS)はスマートデバイス向けの高セキュリティレコーダアプリケーションの『KAITO セキュアレコーダ on Cloud』を2017年7月末より提供開始いたしました。



[画像: リンク ]


「KAITO セキュアレコーダ」は、スマートフォンやタブレットで録音したデータを簡単・安全・確実にサーバへ転送できる法人向け“高セキュリティレコーダ”です。商談記録、取材記録、医療記録、業務記録など音声記録が必要な場面において、スマートデバイスを安全なボイスレコーダーとしてご利用いただけるよう提供してまいりました。

これまでは、お客様にオンプレミス上にサーバを用意していただき、お客様自身での運用を前提としておりました。もっと手軽に「KAITO セキュアレコーダ」を提供するべく、クラウド上で動作するソリューションの提供を開始いたします。

「KAITO セキュアレコーダ on Cloud」は、クラウドのメリットを生かし短期導入と運用の負担を軽減することができるため、導入費用を抑えたい方、すぐに使用したい方、サーバの保守体制を社内に持ちたくない方に最適なサービスです。スマートデバイスの録音機能を手軽かつ安全に業務活用することが可能となります。

◆KAITO セキュアレコーダの3つの特徴
1.端末にデータを残さない
録音データはサーバに転送後、端末から自動的に削除されます。万が一端末を紛失しても情報漏えいのリスクを防ぐことができます。

2.非同期セキュア通信技術
KAITO セキュアレコーダは、「非同期セキュア通信技術」により、通信状況に依存せず高速かつ確実に録音データをサーバへ転送します。録音データはサーバで集中管理されます。

3.分割・暗号化
暗号化されたデータはサーバに非同期に転送され、転送完了後に復号化、録音データファイルとして再構成されます。 転送完了後にデバイス上の暗号化データは確実に消去され、スマートデバイスにデータは残りません。

◆KAITO セキュアレコーダの製品ページ
リンク

◆KAITO セキュアレコーダの導入事例
リンク


◆株式会社ジェーエムエーシステムズについて
【所在地】東京都港区海岸1‐16‐1 ニューピア竹芝サウスタワー18F
【設立】1971年11月(一般社団法人 日本能率協会より分離独立)
【代表者】坂倉 猛
【資本金】3億8,150万円
【事業内容】システムインテグレーション、ソフトウェア販売・導入、インフラ/ネットワーク構築、法人向けスマートデバイス導入・開発・プロダクト販売
【URL】リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。