logo

「まちづくり×クラウドファンディング」神戸市中央区がクラウドファンディングの活用を支援します!~合同会社リアルアシストと神戸市中央区の協定締結~

合同会社リアルアシスト 2017年08月03日 13時00分
From ValuePress!

合同会社リアルアシスト(大阪市淀川区)と神戸市中央区は、区内のまちづくり活動におけるクラウドファンディングの活用を促進・支援するために、協定を締結しました。また、本協定により相互の連携を強化し、中央区内の地域活性化や課題解決のためにクラウドファンディングを活用される方に向けて、クラウドファンディング活用支援を実施します。活用支援制度の実施に伴い、支援制度の参加者を募集します。

合同会社リアルアシスト(大阪市淀川区)と神戸市中央区は、区内のまちづくり活動におけるクラウドファンディングの活用を促進・支援するために、協定を締結しました。

また、本協定により相互の連携を強化し、中央区内の地域活性化や課題解決のためにクラウドファンディングを活用される方に向けて、クラウドファンディング活用支援を実施します。活用支援制度の実施に伴い、支援制度の参加者を募集します。

◆合同会社 リアルアシスト 代表社員 生島 正 ◆
2016年より、クラウドファンディングプラットホーム「CAMPFIRE」の公式エリアパートナーとして「CAMPFIRE×LOCAL×HYOGO」を運営。兵庫、大阪の関西圏において、クラウドファンディングを活用し地域ローカルビジネスの仕組みづくりと資金調達をサポート。

2016年7月サイトオープン後、地域プロジェクトを34件リリース。1612名の方から、20,259,877円(8/1現在)の資金調達に成功。

◆締結内容◆
神戸市中央区が実施するクラウドファンディング活用支援制度における連携・協力

◆支援制度について◆
名称:神戸市中央区クラウドファンディング活用支援制度
内容:中央区内の地域活性化や地域課題を解決するために実施するクラウドファンディングでの資金調達に対する、活用支援や広報支援
◆募集期間◆
平成29年8月1日(火曜)~平成29年8月18日(金曜)必着
◆対象や応募方法等詳細については、下記募集リンク参照◆
リンク


○CAMPFIREについて
▶日本最大のクラウドファンディング・プラットフォーム
充実のサポート体制で誰でも安心してプロジェクトを始めることができる、日本最大のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。プロジェクト掲載数・PV数で国内No.1を誇り、大手企業や著名なアーティストはもちろんのこと、個人の方や学生にもご利用いただいております。
これまでに8,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約28万人、流通金額は29億円に達しました。お金と社会をもっとなめらかにし、誰しもが声をあげられる世の中、そして誰しもに「居場所と出番」がある世界を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事