logo

Amazon、小田原FCで一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施

アマゾンジャパン合同会社 2017年08月03日 10時03分
From PR TIMES

小田原東高校の生徒がAmazonの社員に同行して、実際の職業を体験

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下Amazon)は、8月2日(水)、神奈川県立小田原東高等学校(以下、小田原東高等学校)の生徒16名を対象にした1日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を、アマゾン小田原フルフィルメントセンター(以下、小田原FC)にて実施しました。
「ジョブシャドウ」は、Amazonでは2014年に小田原市で初めて実施し、今年で4回目の実施になります。



Amazonでは、2013年の小田原FC操業開始以来、小田原市と連携しながら小田原地域での積極的な採用活動や地域安全への協力、地元産業の支援などの様々な取り組みを行っています。

「ジョブシャドウ」もこの一環で、若者の社会的適応力を育成する経済教育団体である公益社団法人 ジュニア・アチーブメント日本の協力の下、小田原東高等学校の生徒16名を小田原FCに招待。Amazon社員1名に対し生徒1名に数時間同行してもらい、各職場の仕組みの違いやスタッフの役割、Amazonが展開しているグローバルビジネスを肌で体験してもらいました。

今回の「ジョブシャドウ」に参加した生徒からは「今日のジョブシャドウで発見したこと、教えてもらったことを自分の将来に 活かして、自分にとって正しい将来へ進めるように頑張っていきます。」などのコメントを聞くことができました。
また小田原FCのサイトリーダーである田中康弘は、「ジョブシャドウ」を実施して次のようにコメントしました。
「今回のジョブシャドウを通じて、将来を担う彼らの力になれたことは大変嬉しい。参加した生徒たちが、日本の社会で今後活躍する人材に育ってくれることを願います。また、このような活動は、今後も続けていきたいと思います。」

今後もAmazonは、お客様により質の高いサービスを提供することを目指し、地域とのコミュニティ活動の推進と社員が働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。