logo

クラウドブリック、企業顧客向けのエンタープライズWAFサービスをリリース

Penta Security Systems K.K. 2017年08月01日 11時00分
From DreamNews

グローバルで好評のクラウド型WAFで、各種Web攻撃・DDoS攻撃遮断及びセキュリティ・カスタマイズ提供

データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、リンク、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、8月1日、クラウド型WAFサービスである「クラウドブリック(Cloudbric)」を企業顧客向けのエンタープライズサービスで新規リリースを開始したことを明らかにしました。

クラウドブリック(Cloudbric)は、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールであるペンタセキュリティのワップル(WAPPLES)の技術を基盤として実装されたクラウド型WAFサービスで、独自開発した論理演算検知エンジン(COCEPTM;Contents Classification and Evaluation Processing)を活用しており、シグネチャ検知基盤のWAFとは違って、頻繁なシグネチャのアップデートが必要なく、新種・亜種の攻撃に対応が可能です。米国の性能測定機関である「トリーグループ(Tolly Group)」で施行したシグネチャ基盤WAFとの比較テスト結果、検知率及び誤検知率など、WAFの主要性能が優れているという評価を受けました。

データセンター、Web及びドメインホスティング企業、インフラ提供企業など全世界13カ国のグローバルパートナー約40社とセキュリティサービスの大衆化及び拡散に先立ってきたクラウドブリック(Cloudbric)は、中小事業者のセキュリティレベルを画期的に向上させ、グローバル市場で先に好評を得て、2016 SC Awards Europeで世界的セキュリティ企業を抜いて「最高の中小企業セキュリティ・ソリューション(The WINNER in BEST SME SECURITY Solution)」として選定されました。ペンタセキュリティでは、グローバル市場での経験とノウハウを活かして、合理的な価格でグローバルレベルの安定性とセキュリティを提供する差別化されたサービスで市場を攻略し始めました。

今回新規リリースした「クラウドブリック・エンタープライズWAFサービス」は、従来のWAFサービスとは違ってWeb攻撃遮断とCDNサービス、DDoS攻撃対応及び無料SSL認証書の発行サービスを基本的に提供するだけでなく、各企業顧客のために独立したサービス環境を構築し、安定性を確保しながら各顧客に合わせたカスタマイズ・セキュリティ・ポリシーを提供するのが特徴です。また、100Mbps以上のトラフィック帯域においてもサポートできる様々な料金政策を通じて、中小企業及びハイエンドユーザーも合理的な価格でサービスの導入・運用・サポートが可能です。

最近ペンタセキュリティは、グローバルパートナー社とセキュリティサービスの拡散を推進してきた実績に基づき、日本市場でもセキュリティ・コンサルティング企業、Web脆弱性診断サービス企業などのセキュリティ専門企業はもちろん、セキュリティ商品を提案する企業との戦略的な連携を目標として、パートナー社募集活動を活発に進めています。

ペンタセキュリティのCSOのDSKimは「最近のセキュリティ脅威は特定国家に限らず、攻撃手法やパターンが世界的に似ている様相を見せながら、急増している。これに対して、日本政府でも2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」を通じてサイバーセキュリティ対策準備に取り組んでいる。」とし、「Web攻撃は、全世界的に似ているパターンを見せるだけでなく、公共・民間機関を問わず、企業規模に関係なく幅広く発生している。そのため、全世界で通用される技術がさらに必要であり、グローバル・スタンダードな技術を実質的に選択し、正しく対応しなければならない。」と言及しました。



本件に関するお問い合わせ

ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。