logo

青山学院大学の公式キャラクター「EAGO(イーゴ)」は、今年で18年目を迎える -- 各種広報で活躍中

青山学院大学 2017年08月01日 08時05分 [ 青山学院大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


青山学院大学(東京都渋谷区/学長:三木義一)の公式キャラクター「EAGO(イーゴ)」は、1999年の大学開設50周年を記念に誕生し、今年で18年目を迎える。大学の良き伝統を形象化し、愛校心の高揚をはかる目的でマスコットが選定された。現在は、オープンキャンパスやスポーツ大会での着ぐるみ活用や、大学オリジナルグッズの展開等、さまざまな広報で活躍している。また昨年12月からは、学生考案の「LINEスタンプ」も発売している。


 近年の「ゆるキャラ」ブームで、各大学でも公式キャラクターやマスコットが誕生しているが、青山学院大学の公式キャラクターは1999年11月16日(創立記念日)に誕生と、大学キャラクターの中では歴史がある。

 大学50周年記念事業の一環として、大学の伝統を形象化し、愛校心の高揚をはかる目的でマスコットを学生・教職員・校友から募集した。
 マスコットの種類は、同大がキリスト教主義にもとづく大学であることから、聖書に登場する動物の「鷲(イーグル)」に決定し、デザイン公募をした。

○イザヤ書40章31節
「主に望みをおく人は新たな力を得
 鷲のように翼を張って上る。
 走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」
 聖書の中での「鷲」は、強く天に向かって羽ばたく鷲が、神の力を受けて歩む信仰者のたとえとして用いられ、運動の敏速さや不屈の精神をもつその力強い翼に、人々が希望を抱くものとして引用されている。

 現在の「EAGO(イーゴ)」のデザインは、「建学の精神を表すマスコット」と想いがあり、手に聖書を持っているなどしている。誕生当時は、学生のサークルやクラブ活動でのユニフォームデザインに使用されるなど、学内でも話題となり、グッズや着ぐるみなど広がりを見せた。
 また、その後2013年4月、青山学院初等部に「イーゴ」のファミリー「ミニーゴ」が誕生し、初等部生からも人気である。

 現在、マグカップやキーリング等のオリジナルグッズが購買会で販売されているほかに、昨年の12月から地球社会共生学部の学生考案の「LINEスタンプ」が販売されている。
 入学式や学位授与式、学園祭といった行事や、スポーツ大会などの応援時に登場し、最近では総合文化政策学会講演会にて「くまモン」と共演し、昨年11月には國學院大學マスコットの「こくぴょん」と交流をもっている。
 また、オープンキャンパスでは記念撮影姿が見られたり、来場者グッズが人気であったりと広報としても活躍している。

【参考】
・LINEスタンプ「青山学院大学公式キャラクター イーゴ」の販売をスタート(2017/01/25)
 リンク

・青山学院大学総合文化政策学会が7月19日に講演会「くまモンを活用した熊本地震後の熊本県のコミュニケーション戦略」を開催(2017/07/07)
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報担当
 TEL: 03-3409-8159 

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。