logo

一宮市と連携し、一宮市内の小学生の「願い」を可視化。 リアルイベント「TANABALLOON」を実施

みんなの七夕プロジェクト実行委員会事務局 2017年07月31日 17時55分
From 共同通信PRワイヤー

2017年7月31日

みんなの七夕プロジェクト実行委員会

「願い」には、未来を照らす力がある。
一宮市と連携し、一宮市内の小学生の「願い」を可視化。
リアルイベント「TANABALLOON」を実施

【画像: リンク 】 

 6月26日より始動している「七夕プロジェクト2017」。本プロジェクトは古くから日本で親しまれてきた風習「七夕」に、新しいテクノロジーや楽しみ方を取り入れることで、これまで以上に多くの人が楽しめるイベントに発展させることを目的としています。
 「七夕プロジェクト2017」公式HP(リンク)には、開始から約1ヶ月で既に63万を超える願いごとが集まりました(7/31朝時点)。
 また七夕は、年に一度空に想いを寄せ、純粋な気持ちで願いを記す、とても素晴らしい文化です。そんな七夕が、日本だけでなく、世界中に広まることや、何より「願い」が未来の世の中を少しでも明るい方向に導く力になると私たちは信じています。
 本プロジェクトでは、寄せられた願いをアーカイブ化し、その時代を照らす人類の明るい記録として大切に保管します。また明るい光を一緒に作って頂きたいという思いから、一人でも多くの方に参加頂くため、以下の施策を実施しました。


■一宮市の協力により「願い」を届けるリアルイベント「TANABALLOON」※1を実施!
※1「TANABALLOON」とは、一宮市内の小学生の願いを6種類に分類し、「一宮七夕まつり」で風船をリリースするイベント。
 プロジェクト2年目となる今年度はWEBでの取り組みに加え、日本三大七夕祭りとして有名な愛知県一宮市の「一宮七夕まつり」とタイアップし、本施策を実施しました。

・一宮市の全面協力により、同市内の全小学校を対象に、チラシの配布やポスターの掲出を行いました。その結果、LINE・ハガキ・FAXにて、844通の申込みがありました。
・願いを可視化するため、同市の小学生の願いを6種類に分類し、応募数の比率に合わせて、風船の色の数を決定しました。



■「TANABALLOON」の参加方法(画面例)

【画像: リンク


■「TANABALLOON」実施内容
 ・日時:7/30 20:45
 ・場所:愛知県一宮市(一宮七夕まつり内)
 ・風船の総個数:6,570個(赤・青・白・黄・緑・紫の6種類の合計個数。)
  ※応募数の比率に合わせて、風船の色の数を決定。

【画像: リンク


■運営体制
主催:みんなの七夕プロジェクト実行委員会(株式会社電通・株式会社刻キタル・株式会社バスキュール・LINE株式会社)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。