logo

ビジネスパーソンにおけるスマホアプリの生活への密着度を明らかにする日本を含むグローバルの調査結果を公開

~ 日本のビジネスパーソンは他国と比べ、生活におけるスマホアプリやスマートフォンの密着度が薄いことが判明 ~

セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社は、日本を含むグローバルで実施したスマートフォンアプリとセキュリティに関するレポート「アプリケーションインテリジェンスレポート(AIR)」のビジネスパーソン/アプリ編の結果を公開したことを発表します。

セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本を含むグローバルで実施したスマートフォンアプリとセキュリティに関するレポート「アプリケーションインテリジェンスレポート(AIR)」のビジネスパーソン/アプリ編の結果を公開したことを発表します。

●アプリケーションインテリジェンスレポート(AIR)Webページ
・Topページ
< リンク >
・ビジネスパーソン/アプリ編
< リンク >
※調査結果に関するグラフは上記ページから入手いただけます

 A10は、個人およびビジネスにおけるスマートフォンアプリやセキュリティに関する人々の考え方やトレンドを分析する目的で、日本を含む、世界10カ国の100名以上の従業員がいる企業の約2,000人のビジネスパーソンとIT管理者を対象に、カジュアルな質問によるアンケート調査を実施しました。本調査により、自宅やオフィスおよび、その間の様々な場所でスマートフォンアプリが使われ、プライベートとビジネスの境目が曖昧となっている現代の“ブレンドライフ”における、スマートフォンアプリの利用動向とセキュリティの重要性について明らかにします。

 今回はビジネスパーソンの生活へのスマートフォンアプリの密着度の実態について焦点をあてたビジネスパーソン/アプリ編を公開し、後日、サイバー攻撃の被害とスマートフォンアプリ利用時におけるセキュリティへの懸念に焦点をあてたビジネスパーソン/セキュリティ編を公開します。

 スマートフォンアプリの密着度の実態 ― アプリは我々の人生を支える、デジタル時代の酸素に

<要約>
50%(日本26%)の回答者がアプリを空気や飲食物と同じくらい重要だと答え、86%(日本79%)の回答者がアプリなしでは生きることが困難だと答えるなど、スマートフォンアプリはビジネスパーソンの生活になくてはならないものになってきています。日本は他国と比べるとスマートフォンアプリの密着度は薄い傾向です。また、スマートフォンに関しても、緊急時に最優先で持ち出すものとして選ばれ、自宅と同じくらい放置できないものとして認識されているなど、アプリ同様に欠かせないものになっています。

・ スマートフォンアプリは飲食物や空気より重要ですか?:
 世界全体の50%の回答者が、空気や、飲食物と比べて同じくらいアプリが重要だと答えています。同様の回答は、インドや韓国、中国では7割近かったものの、日本では26%に過ぎませんでした。

・ スマートフォンアプリは人生に不可欠なものに:
 世界全体の86%、日本の79%、中国やインド、ブラジルでは実に95%以上の回答者が “アプリなしでは生きられない”もしくは、“アプリなしでは生きるのは困難だ”と答えています。アプリは、“我々のDNAの一部となりつつある”といえるでしょう。

・ 外出 vs 発声 vs アプリ使用:
 24時間のうち何か一つだけしかできない状況で何をするか?という質問に対して、世界全体の回答者が、外出する(10%)や声を出す(6%)と同じくらいアプリを使用する(10%)を選んでいます。日本では、外出する(9%)や声を出す(6%)に比べてアプリを使用する(4%)を選ぶ回答者が少なかったです。

・ 緊急時に持ち出すとしたら?:
 緊急時に家を飛び出すときに一つだけ持ち出せるとしたら?という質問に対して、重要な書類などが入った金庫、家族の写真やアルバム、デスクトップまたはノートパソコン以上に、世界全体(45%)、日本(35%)ともに一番多く選ばれたのがスマートフォンでした。

・ 財布かスマートフォンか?:
 スマートフォンや車のキー、財布、ズボンの中で一つだけ失うとしたら?という質問に対して、スマートフォンを選んだ回答者は、世界全体の20%、日本の22%に過ぎませんでした。ズボンを失った方がましと答えた回答者は、世界全体の46%、日本の50%です。

・ 鍵をせずに放置するなら自宅かスマートフォンか?:
 ロックしていないスマートフォンを公園のベンチに1時間放置するよりも、自宅に鍵をせず1日離れる方が良いと答えたのは世界の52%、日本の46%の回答者となりました。スマートフォンの中身に対して、自宅の財産と同等の価値を見出すようになってきています。

●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングとセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。
A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。
URL:リンク
Facebook:リンク

A10 ロゴおよびA10 Networksは、米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事