logo

チェコの秘密の地下世界

チェコ政府観光局 - チェコツーリズム 2017年07月31日 09時00分
From Digital PR Platform


冒険、神秘の世界、そして歴史がお好きという方、チェコ各都市の地下に隠された秘密を探ってみませんか。これらの町では、旧坑道、地下墓地、地下室、あるいは秘密の隠れ場などが独特の地下空間を形成しており、貴方を縦横に走る通路と神秘的な場所に溢れた迷路へとご案内します。

【ブルノで三種三様の地下体験】リンク 
チェコ第2の都市ブルノには、最近修復され、一般公開された、ちょっと変わった地下道が3ヵ所あります。

まずは、ドミニコ広場の造幣局長邸の地下室。これは長い地下空間の一部分にあり、現在は中世の鋳造技術が展示されています。

次に、町の中心部に行ってみましょう。青果市場の地下迷路(ゼルニー・トゥルフ地下迷路)では、伝統衣装をまとった経験豊富なガイドが、昔のセラーや通り道を案内します。そこではミステリアスな中世のセラーや通路の隅から隅までを見学できます。かつて使用されていたさらし台もあるかもしれません!
リンク

最後の地下道は、おそらく最も印象的な聖ヤコブ教会下の納骨堂です。この納骨堂はヨーロッパで2番目に大きいものとされており、埋葬されている骨は5万人以上のものと言われています。
リンク

いずれも建築、歴史ファン、そしてアドベンチャー好きの方必見の場所です。

【ズノイモでアドベンチャー】リンク 
ズノイモの地下道は全長約27 km、チェコ国内最大の地下構造です。ここでは一般向けの見学コースのほか、アドベンチャー・ファン向けに、難度の異なる3つのアドレナリン・コースが用意されています。アドレナリン・コースでは、ヘルメットのライトのみを頼りに、暗闇の中、水を超え、狭い通路を抜け、梯子を上って未知の世界へと進んでいきます。

【ヴァルチツェ城の地下世界】リンク 
ロマンチックな世界遺産、南モラヴィアのヴァルチツェには、城の地下に長さ900mに及び中世のワインセラーがあります。このセラーは、フランシスコ会修道院が創設された1289年には既に存在していたことが明らかになっています。地下道見学コースには、ワイングラスと化石の展示会見学、専門家が厳選した100種類以上のチェコワインの試飲も含まれています。
リンク

【スラヴォニツェの地下迷路】
南ボヘミア地方の隠れた至宝、スラヴォニツェの魅力は、多くのチェコ人から愛される美しい広場だけではありません。もう一つの魅力、スラヴォニツェの地下道は冒険好きな人向けです。この地下道の通路は非常に狭く、水の中を幅50 cmの坑道を抜けていかなければならない箇所もあります。まさに冒険映画の世界、アドベンチャー・ワールドなのです。ここでは2つのガイド付き見学コースからお気に入りを選択。どちらもレインコート、長靴、懐中電灯が提供されます。
リンク

【ターボルの怪人】
ターボルの中世の地下道は、地下 3階層あり、 その深さは最高16 mに達しています。ターボルの「地下では怪人の世界をお楽しみください。中世の錬金術師、幽霊、処刑執行人、ミイラなどがみなさんを待ち受けています。
リンク

【ムニェルニークにはチェコ最大の井戸】リンク
プラハの北に位置する歴史の町ムニェルニーク。プラハ市民にとっては美味しいワインとうっとりするような景色で有名です。この町の地下には、チェコ最大の井戸が隠されています。その直径は4.5 mを超え、深さは54 mあります。この井戸に通じる中世の地下道見学コースでは、死刑制度に関する展示が見られます。また壁をよく注意して観察すると、貝の化石、三葉虫といった氷河時代の遺跡が残っているのがご覧いただけます



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事