logo

Nordic Semiconductors製nRF51およびnRF52超低電力RFを搭載するARMCortex-Mのための商用GNUコンパイラ DATの販売強化

Nordic Semiconductors製nRF51およびnRF52超低電力RFを搭載するARMCortex-Mのための商用GNUコンパイラ DATの販売強化

2017年7月28日、ポジティブワンは、Nordic Semiconductors製nRF51およびnRF52超低電力RFを搭載するARMCortex-Mのための商用GNUコンパイラDATの販売強化

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Somnum製DRT組み込みC / C ++ソフトウェア開発ツール(商用GCC)のバージョン4.3を発表と同時に、Nordic SemiconductorsのnRF51およびnRF52超低電力ワイヤレスマイクロコントローラを搭載するARM(R)Cortex-Mベースのマイクロコントローラをリードする既存のサポートを拡張しました。これにより、ポジティブワンは、商用GNUコンパイラのSomnum製DRTの販売を強化いたします。

DRT IDEは、使いやすさと最先端のデバッグのための革新的な機能を備えた、成熟したWindows、LinuxおよびmacOSホスト環境を提供します。 DRTのコード生成ツールは、検証済みの品質と特許取得済みのGNU互換の最適化を組み合わせて、ソースコードの変更を必要しません。

NordicのnRFデバイスは、2.4GHz RF、ANTTM、Bluetooth低エネルギー(以前はBluetooth Smartと呼ばれていました)およびSub 1GHz RFのサポートなど、さまざまなメモリサイズと機能をサポートする幅広いデバイスで、コストとエネルギーを大幅に最適化しました。

DRTは、NordicのSoftDevices(ワイヤレスプロトコルを実装したプリコンパイルおよびリンクバイナリソフトウェア)を完全にサポートしています。他のツールと比較して、DRTの特許取得済みの最適化は、通常、10%のROM節約を提供し、開発者はコストとエネルギーに最適化されたデザインにアプリケーションコードを合わせることができます。
DRTの高度なEclipseベースのIDEは、生産性の高い組み込み開発とデバッグのための革新的な機能を提供します。他のベンダーとは異なり、SOMNIUMはEclipseプラットフォームを誇らしげに変更し、業界の互換性を維持しながら、バグを修正し、開発者がIDEを継承するのではなく、IDEを提供する機能を追加します。

ノルディックセミコンダクターは、人気のあるデバイスをサポートする別の開発プラットフォームを見てうれしいです。 nRF5 SDKにはネイティブなGCCサポートがあるため、SOMNIUM DRTをサポートする移植は必要ありませんでした。強力なEclipseプラットフォームとDRTコンパイラの最適化を組み合わせることで、GCCユーザーのパフォーマンスと使いやすさの両方が向上します。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。