logo

Nobu HospitalityがパロアルトのThe Epiphany Hotelをリブランド

Nobu Hospitality 2017年07月28日 12時11分
From 共同通信PRワイヤー

Nobu HospitalityがパロアルトのThe Epiphany Hotelをリブランド

AsiaNet 69489(1132)

【ニューヨーク2017年7月28日PR Newswire=共同通信JBN】著名シェフの松久信幸氏、アカデミー賞受賞者のロバート・デ・ニーロ氏、ハリウッド・プロデューサーのメイア・テペル氏によって創設されたグループNobu Hospitalityは、The Epiphany HotelをNobu Hotel Epiphanyにリブランドすると発表した。2017年10月2日にリニューアルオープンする。

パロアルトの中心部に立地するThe Epiphany Hotelは、客室とスイート83室、特別イベント・会合スペース、さらに最近開店したNobu Palo Altoレストラン・バーを備えている。

Nobu Hospitalityのトレバー・ホーウェル最高経営責任者(CEO)は「西海岸への事業拡大は大きな喜びであり、The Epiphany Hotelをポートフォリオに加えることは素晴らしい。ホテルは個性と独自性を堅持する一方、Nobuの経営文化・哲学から恩恵を受ける」と語った。

ホテルは独占的なNobuアメニティーによって、ゲストに刺激的なラグジュアリー体験を提供する。パロアルトとサンタクルーズの山々を眺望するバルコニー付きの広大な客室とスイートは、Nobuレストランの魅力的な料理の24時間ルームサービス、Barcelona's Natura Bisséの浴室アメニティー、その他のNobuタッチポイントを提供する。

ホテルのレストランはNobuレストランの開店で再活性化を経験し、日々の朝食、ランチ、ディナーを用意しているが、銀ダラみそ風味、カンパチの刺身のハラペーニョ添えなど松久信幸シェフの著名料理もそろえている。ホテルのゲストはNobu Palo Altoの席を優先予約できるが、客室やスイートで自分たちだけで料理を楽しむことも可能である。

▽Nobu Hospitalityについて
Nobu Hospitalityは、ロブ・リポートによって高級分野における「最も革新的な25ブランド」の1つに指名され、世界の高級ブランドの中でもエリートクラスにランクされている。サービス、イメージ、評判の上に築かれたNobu Hospitalityはその自然な成長として世界中のユニークなプロジェクトに対し、幅広いホテルおよびレストラン経営を提供している。松久信幸、ロバート・デ・ニーロ、メイア・テペルの各氏によって設立された世界5大陸を網羅するNobuブランドは、世界の首都で究極のデスティネーション・ライフスタイル体験の場として成功を見ている。Nobu Hotelはまず2013年にシーザース・パレス・ラスベガス内に開業した。Nobu Hotel City of Dreams Manilaは2014年に、Nobu Hotel Miami Beachは2016年に開業し、2017年にはNobu Ryokan Malibu、Nobu Hotel Shoreditch London、Nobu Hotel Ibiza Bayが開業している。さらにNobu Hotelsはマルベーリャ、リヤド、ロスカボス、シカゴ、トロント、バーレーンで建設中である。

ソース:Nobu Hospitality

▽問い合わせ先
Rachael Palumbo, VP Sales & Marketing, Nobu Hotels
PR@NobuHotels.com
+1 305.674.3840

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。