logo

IDTechEx Researchリポートは3Dプリンティング・金属市場が2028年に120億ドル相当に拡大と予測

IDTechEx 2017年07月28日 10時14分
From 共同通信PRワイヤー

IDTechEx Researchリポートは3Dプリンティング・金属市場が2028年に120億ドル相当に拡大と予測

AsiaNet 69465(1129)

【ボストン2017年7月28日PR Newswire=共同通信JBN】1990年代に商用化された金属3Dプリンティングは今日、プロトタイプ製造などの魅力的な製造ソリューションとしてその地位を確立した。金属プリンターメーカーと原料サプライヤーは、3Dプリンティング・金属市場が2028年には120億ドル相当に拡大すると予想し、この需要ギャップを利用しようとしている。この急成長については、IDTechEx Researchが公表した最新の市場インテリジェンスリポート「3D Printing Metals 2018-2028: Technology and Market Analysis(3Dプリンティング・金属2018年-2028年:テクノロジーと市場分析)」(リンク )で分析されるとともに、その意味合いについても評価されている。

(Logo: リンク

直接金属レザー焼結(DMLS)は有力なプリンター・テクノロジーであり、2016年末時点の総インストールベースで84%の市場シェアがある。市場の残りはその他の4主要テクノロジータイプに細分化している。市場に出回り成長を遂げた最新テクノロジーに関する忌憚のない分析がこのリポートに含まれている。

近年のプリンター販売は急激に増加している。これは、最新テクノロジーとして、より安い価格で市場に提供されることが継続する。長期的には、原料の売上はプリンターよりも大幅に急成長することになる。これらの主要市場成長の推進および制約要因についてもリポートの中で徹底分析されている。

このリポート「3D Printing Metals 2018-2028」(リンク )は、直接金属レザー焼結(DMLS)、電子ビーム積層(EBM)、指向性エネルギー堆積(DED)、バインダージェッティングなど、既存の金属3Dプリンター・テクノロジーのインサイトを紹介している。それぞれの既存プリンタータイプ向けの主要なテクノロジー機能、適用市場、SWOT分析および主要メーカーが取り上げられている。さらに、このリポートは販売広告にも切り込み、2017年に公開される最新プリンターの市場と、既存メーカーがすでに商用化したプリンターの技術内容の直接比較を提供している。

IDTechEx最新リポートの読者は、金属3Dプリンティングのテクノロジー、アプリケーション、市場を総合的に判断できる。IDTechExは2028年までの成長に影響を与えるトレンドに関する重要なインサイトを見つけるため、3Dプリンティング・バリューチェーン全体の企業の徹底した一次調査を実施した。主要メーカーのEOS、Concept Laser、Arcam ABなど30社以上の企業が紹介されている。

▽IDTechExについて
IDTechExは、価値連鎖にわたる企業に、最新技術に関する極めて重要な戦略的意思決定を行う際に役立つツールを提供する。IDTechExは調査リポート、サブスクリプション、コンサルタント業務、紹介サービス、イベントに取り組んでいる。

▽問い合わせ先
Charlotte Hibbert
Marketing & Research Co-ordinator
c.hibbert@IDTechEx.com
UK: +44(0)1223-810286

ソース:IDTechEx

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。