logo

耐震補強材として日本初のJIS規格(日本工業規格)化へ

学校法人金沢工業大学 2017年07月28日 08時47分
From 共同通信PRワイヤー

2017年7月27日

金沢工業大学

金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)と小松精練株式会社が共同記者会見

金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(石川県白山市八束穂2-2、所長 鵜澤 潔、以下「ICC」)が文部科学省の「革新的イノベーション創出プログラム」(COIプログラム)中核拠点として、小松精練株式会社(本社 石川県能美市、代表取締役社長 池田 哲夫)と共同で開発した熱可塑性炭素繊維複合材が、耐震補強材としてJIS規格(日本工業規格)に制定される見込みとなりましたので、7月28日(金)13時より金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)にて共同記者会見を開催いたします。

ICC・小松精練株式会社共同記者会見次第

日時:7月28日(金)13時~14時

場所:金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)
   2階ホワイエ

発表者:金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)所長
COI研究リーダ兼副機構長  鵜澤 潔

小松精練株式会社
取締役 技術開発本部長   奥谷 晃宏

13:00~13:15  「カボコーマ・ストランドロッド」の開発について
金沢工業大学センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム支援による小松精練株式会社との共同開発
ICC所長
COI研究リーダ  鵜澤 潔

13:15~13:30 「カボコーマ・ストランドロッド」の事業化と 国内標準(JIS)化について
小松精練株式会社
技術開発本部長   奥谷 晃宏

13:30~13:45  質疑応答

13:45~14:00  写真撮影、囲み取材等

【この件に関するお問い合わせ先】
 金沢工業大学広報課
 志鷹 英男
[TEL]076-246-4784
[Email]koho@kanazawa-it.ac.jp






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事