logo

IoT、ビッグデータが促進するバーチャル・パワープラント市場の成長拡大

分散型電源の活用が世界的に進むに伴い、バーチャル・パワー・プラント(VPP:Virtual Power Plant)市場の成長が今後世界的に見込まれています。太陽光発電所や風力発電所の発電容量が拡大する一方で、この様な再生可能エネルギーの発電量は一定でなく断続的であるため、風力や太陽光の発電量が少ない時間帯に発電量を一定に保つソリューションの需要が生まれています。電力会社は現在、太陽光パネルや風力タービン、ディーゼルおよびガス発電装置、バッテリーを統合したVPPソリューションを展開しています。VPPの導入や認知の拡大により、電力会社が電気自動車や充電スタンド、他の分散型電源を自社のVPPソリューションに含める動きも今後進むことが期待されます。

フロスト&サリバンの新たな調査分析「バーチャルパワープラントのグローバル市場:2022年までの展望」によると、VPPの世界市場規模は2022年までに1億4400万米ドルに到達する見通しです。今回の調査分析におけるVPP市場は、分散型電源を供給する電力会社と供給先を連携するソフトウェアを対象としています。同市場規模は、VPPのソフトウェアベンダーによる売上を対象とし、エネルギー貯蔵システムや分散型電源およびそれに付随する支出額は除外されます。

VPPソリューションの導入拡大においては、グリッドの接続性における課題や不十分な政府政策、電力会社による投資の不足といった課題が一部の地域において存在します。この様な課題に対して適切に対処がなされれば、米国やドイツ、英国といった国々でのVPP市場の成長が予測されます。これに続き、日本やオーストラリアでも、大規模なVPPの商業化が行われることが今後見込まれます。

「IoT(Internet of Things)やビッグデータなどのテクノロジーの誕生によって、特定の用途でのグリッドデバイスから、オープンなプラットフォームでコミュニケーションを取れる多目的のコンピューター・デバイスへの移行が今後進んでいくでしょう。これに伴い、電力会社は再生可能エネルギーの高い発電容量を持つ地域や、規制や法整備が整った地域を中心に、VPPソリューションの展開を進めていくでしょう」と、フロスト&サリバンのエネルギー・環境部門リサーチアナリスト、ラジャリンガム・チンナサミは話します。

VPPはグリッドの安定性や回復性、電力需要のピーク時における発電量を改善することが可能です。また、分散型エネルギーの発電容量を一定に保つ機能や、グリッドの状態の変化に応じて必要となる操作の実行が可能であり、VPPを活用することで意思決定に要する時間は分単位から秒単位に短縮することができます。

「VPPを最も効果的に利用するには、屋根やインバーター、電力管理システムや他の分散型電源などのあらゆる構成要素からのデータ収集が中央集中型システムにおいて処理されることが必要です。この様な統合型のグリッドネットワークは、個々のシステムに関するデータのグループ間での共有において、技術面での大きな課題も同時に生み出すでしょう」とチンナサミは述べます。

■ フロスト&サリバンの調査分析「バーチャルパワープラントのグローバル市場:2022年までの展望」の概要はこちら:
Global Virtual Power Plant Market, Forecast to 2022
リンク

■ フロスト&サリバンのエネルギー部門についてのご紹介はこちら:
リンク

■ フロスト&サリバン発行のリサーチタイトルの検索・ご購入はこちら:
リンク

**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 
広報担当:辻 安奈
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。