logo

「今のハイパーコンバージド製品では不十分 - ストレージ業界最新動向」

コアマイクロシステムズ株式会社 代表取締役社長 高橋晶三のインタビュー記事「今のハイパーコンバージド製品では不十分 - ストレージ業界最新動向」がマイナビに掲載されました。

###
ここ数年、サーバやネットワークの仮想化の進展とともに、ストレージをソフトウェアとして扱える「Software Defined Storage:SDS」が注目を集めている。SDSは昨今のインフラ基盤のトレンドである「ハイパーコンバージドインフラ」に組み込まれており、押さえておくべきトピックの1つとなっている。

コアマイクロシステムズは、汎用PCサーバとSDS(Software Defined Storage)を組み合わせた、ソフトウェアベースの自社開発ストレージ製品を、多数ラインアップしている。

本稿では、コアマイクロシステムズ代表取締役社長の高橋晶三氏に、SDSを中心としたストレージ業界の潮流、SDSをコアにした同社のストレージ製品戦略について聞いた。

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事