logo

ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム・ナレッジ賞の応募受け付け開始

Mohammed bin Rashid Al Maktoum Knowledge Foundation (MBRF) 2017年07月26日 14時09分
From 共同通信PRワイヤー

ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム・ナレッジ賞の応募受け付け開始

AsiaNet 69448 (1120)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2017年7月25日PRNewswire=共同通信JBN】Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Foundation(ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム財団、MBRF)会長でMohammed bin Rashid Al Maktoum Knowledge Award(ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム・ナレッジ賞)評議会議長であるアハメド・ビン・ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム殿下の後援により、MBRFは年次ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム・ナレッジ賞(MBRKA)の応募受け付けを正式に開始した。

(Photo:     
リンク

この賞はナレッジの分野に大きく貢献し、革新を助長、知識経済(knowledge economy)の構築に影響力を発揮した個人や組織を評価し、表彰するものである。

MBRFのジャマル・ビン・フアイレブ最高経営責任者(CEO)兼賞評議会事務局長は「ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム・ナレッジ賞はナレッジを中東地域で生み出し、普及、現地化する必要性を重視してきた。知識経済を現地、地域、国際レベルで構築するのに重要な役割を果たす権威ある賞である。賞はわれわれの社会の文化構造にナレッジを植え付け、知的・創造的業績を促進する」と語った。

ビン・フアイレブ氏はさらに「過去数年間にわたり、賞は社会の全階層の個人を知識産業に向かわせることに成功してきた。今年再びこの任務を進め、地域的・国際的なナレッジの専門家や学者の審査委員会の前に新たなイノベーションとイノベーターの集団を連れてこれるよう期待している」と続けた。

2017年8月31日が締め切りで、アラビア語か英語の書面で賞のウェブサイト(リンク ) への提出を受け付ける。必要な基準に合った候補者は、過去に受賞していても、審査対象に登録できる。候補者はアラブ首長国連邦(UAE)国内と国外の個人、政府部局、地方、地域、または国際的企業と組織が対象となる。死後の受賞はできない。

応募資格に関しては、財団はいかなる個人や組織も、次の部門に属する知識産業に有意義で重要な貢献をしたならば応募を歓迎することを再確認する:ナレッジ、開発、イノベーション:学術・研究機関の創出:情報・伝達技術(ICT):印刷、出版、ドキュメンテーション(紙ベースと電子ベースの両方):賞評議会が指定するその他の分野

さらに、賞の推薦条件と基準によると、申し込みは推薦分野の専門知識を持つ保証人の推薦状が必要で、候補者のナレッジへの貢献を裏付ける文書も添付されなければならない。推薦はまた科学研究の基準と倫理、正確性、知的所有権を順守していなければならない。

ソース: Mohammed bin Rashid Al Maktoum Knowledge Foundation (MBRF)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。