logo

科学技術振興機構(JST)より資金調達を実施

メディカルデータカード株式会社 2017年07月25日 14時44分
From PR TIMES

患者さん向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」、医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」の事業基盤強化へ

メディカルデータカード株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:西村 邦裕、以下 当社)はこのたび、国立研究開発法人科学技術振興機構(略称JST)・出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)を引受先とした第三者割当増資を実施し、資金調達を行いましたのでお知らせいたします。



当社は、病院やクリニックにおける検査データや薬の情報、レントゲン写真、健康診断書など、身の回りにあるたくさんの医療情報を、自分のスマートフォンやパソコンに収納できるスマートフォンアプリ「MeDaCa」と、医療機関との連携を可能にするウェブサービス「MeDaCa PRO」とを提供しています。

今回の調達資金によって、患者さん向け「MeDaCa」と医療機関向け「MeDaCa PRO」の開発体制の増強や、営業・サポート・マーケティング体制の拡充を行い、サービス強化を図ります。併せて、今回の出資者であるJSTとの協調も含め、国や地方自治体の政策や方針と連携し、利用者の皆さんに安心してお使いいただけるよう事業を推進いたします。

当社は、「はじめてのお医者さんを、はじめからかかりつけ医にする」を標語に、本格的な患者さん用PHR (注1) である 「MeDaCa」とその懸け橋となる医療機関用「MeDaCa PRO」を通じて、スマートな医療を実現するため貢献していきます。

■MeDaCaとは
患者さん用のスマートフォンアプリ
(1) 診察券、検査データ、処方箋、レントゲン写真、健康診断書など、紙のデータをスマートフォンのカメラで撮影し保存すること、PDFなどをアップロードすることにより、スマートフォンやパソコンで、いつでもどこでも閲覧できます。
(2) 個人がMeDaCaに保存した検査データを、受診している医療機関の医師に渡すことや、逆に医療機関での検査データを受け取ることが可能となります。


患者さん向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」

[画像1: リンク ]



アプリ名:MeDaCa
対応OS:Android、iOS
ブラウザ版URL:リンク


[画像2: リンク ]



■ MeDaCa PROとは
医療機関用のウェブサービス
(1) 病院やクリニックなどの医療機関から、患者さんに検査データを送ることができます。また患者さんの「MeDaCa」アカウントに収納している過去の医療情報を、患者さんの許可のもと、閲覧することや受け取ることが可能となります。
(2) 医療機関から患者さんに、直接メッセージや通知を送ることができます(MeDaCaメッセンジャー機能)。

医療機関向け「MeDaCa PRO」

URL:リンク


[画像3: リンク ]



患者さんが自分の医療情報を自己管理するシステムは、パーソナルヘルスレコード (PHR)と呼ばれています。これまでPHRと医療機関との連携を可能にするアプリはありませんでした。当社のMeDaCaおよびMeDaCa PROは、PHRをベースに、患者さんと医療機関との橋渡しをします。

当社について
メディカルデータカード株式会社は、文部科学省・JSTの研究プログラム、革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM、(注2)の「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」(中核機関:慶應義塾大学)としての活動から生まれたCOI発・慶應義塾大学医学部発ベンチャー企業です。

■メディカルデータカード株式会社 会社概要
所在地 : 東京都新宿区荒木町1-22 四谷マンション203
代表  : 代表取締役社長 西村 邦裕
設立  : 2014年10月30日
事業内容: 健康・医療情報を一元的に管理するためのインターネット・モバイル・クラウドサービスの企画・開発・提供
URL   : リンク

■国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) 概要
所在地 : 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
代表  : 理事長 濱口道成
URL   : リンク

【用語解説】
(注1) PHR:Personal Health Recordの略称で、個人が生涯にわたり自分自身の医療・健康情報を収集・保存し活用できる仕組みのことを指します。
(注2) 革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM):文部科学省とJSTが平成25年度から実施している研究プログラム。

■サービス及び報道に関するお問い合わせ
メディカルデータカード株式会社
カスタマーサポート部:佐藤
メール : press@medaca.co.jp
電話  : 03-3226-0303

PDFのダウンロード先はこちら ↓
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。