logo

8月2日(水)19:15からJ:COMチャンネルで生中継!船橋港親水公園花火大会

J:COM 2017年07月24日 15時00分
From PR TIMES

地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信!船橋市と習志野市の「市民まつり」も特別番組で放送!

株式会社ジェイコム船橋習志野(J:COM船橋・習志野、所在地:千葉県船橋市、代表取締役社長:京 克樹)は、第50 回ふなばし市民まつりの「ふれあいまつり」と、第24回習志野市民まつり「習志野きらっと」を特別番組としてコミュニティチャンネル「J:COM チャンネル(地デジ11ch)」で放送します。さらに、ふなばし市民まつりの一環として開催される「船橋港親水公園花火大会」を特別番組として生中継します。また、この模様は地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信いたします。※通信料はお客様のご負担となります。



[画像1: リンク ]

【生中継】 船橋港親水公園花火大会
船橋港親水公園花火大会は、船橋港親水公園を会場に約8万人が訪れる船橋の
夏の風物詩です。今年は、市政80周年を記念して打ち上げ本数を例年より増やし約1万発を予定。また、市政80周年を祝う特別プログラムとして、8秒間という短時間で800発もの花火を一斉に打ち上げるオープニング花火のほか、全長80メートルの仕掛け花火、船橋市の特産品であるホンビノス貝や梨を表現したグルメ花火、船橋市のスポーツ選手へエールを送るスポーツ花火など、市政80周年にふさわしい特別な花火が打ち上げられます。

J:COM船橋・習志野では、船橋港親水公園花火大会の模様を、8月2日(水)19:15から、船橋市、習志野市、八千代市のJ:COM船橋・習志野とJ:COM八千代の約28万7,000世帯*1に向けて生中継します。夏の夜空に描かれる光のアートを、「J:COMチャンネル」や「ど・ろーかる」アプリで、ぜひお楽しみください
*1 2017年5月末現在

◆番組概要

[表1: リンク ]



◆地域情報アプリ「ど・ろーかる」のライブ配信概要

[表2: リンク ]



【特別番組】 習志野きらっと

[画像2: リンク ]

習志野市の市民まつり「習志野きらっと」は、平成6年、市制施行40周年を記念してスタート。今年で24回目を迎える、習志野市の一大イベントです。メインイベントの「きらっとサンバパレード」には、約5万人の市民が参
加し、煌びやかなダンスを披露します。番組では、7月16日日に行われた「きらっとサンバパレード」を中心に、「習志野きらっと」の見どころをピックアップ。リポーターの実況を交えて、1時間のダイジェストで会場の熱気をお届けします。

◆番組概要

[表3: リンク ]



【特別番組】 ふなばし市民まつり
船橋市の市民まつりは、「船橋港親水公園花火大会」のほか、地元の工業や産業を紹介する「めいど・いん・ふな
[画像3: リンク ]

ばし」、フリーマーケットやストリートダンスで賑わう「ジョイ&ショッピングフェア」、神輿やパレードが練り歩く「ふれあいまつり」などが、7月2日金から3日間にわたり行われ、約50万人が来場します。番組では、催しの中で最も賑わう「ふれあいまつり」を、1時間に凝縮して放送。船橋独特の神輿の担ぎ方「ゆすり込み」は、迫力満点です。


◆番組概要

[表4: リンク ]



地域情報アプリ「ど・ろーかる」について リンク
「ど・ろーかる」は、地域の“今”をお届けする全く新しい地域情報アプリです。コミュニティチャンネルで放送している地域のニュースや、特別番組をライブ配信しますので、外出先からでもスマホやタブレットでお住まいの地域のニュースが視聴できます。また札幌の方が福岡の番組を見られるなど、お住まいのエリアに限らずJ:COM全サービスエリアの番組をお楽しみいただくことができます。

J:COMチャンネルについて
「J:COMチャンネル」は、地域密着のオリジナルチャンネルです。J:COMの有料サービスへの加入・未加入を問わず、無料で視聴できます。「ジモト、大好き。」をキャッチコピーに、イベントやおすすめスポット・歴史・自然など、地域の情報を発信します。また、地震速報・気象情報や行政情報も、迅速・正確に伝えます。(チャンネル番号:地上デジタル11ch)

株式会社ジェイコム船橋習志野について  リンク
株式会社ジェイコム船橋習志野(J:COM船橋・習志野、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長:京 克樹)は、千葉県船橋市と習志野市でケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話、モバイル、電力等を提供しているケーブルテレビ運営会社です。株式会社ジュピターテレコム(J:COM)のグループ局として、先進性のある高品質な情報・エンターテインメントを提供するサービスを通じ、地域社会の発展に寄与することを目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事