logo

NSG夏フェス「お仕事体験&大学園祭2017」 約42,000人を集めて盛況に開催!

NSGグループ 2017年07月24日 14時00分
From Digital PR Platform


NSG夏フェス「お仕事体験&大学園祭2017」
約42,000人を集めて盛況に開催
「#NSG夏フェス」がtwitterのトレンドに7回入るなどネットでも話題に

新潟県内に27の専門学校を展開するNSGカレッジリーグ(URL:リンク )は、『NSG夏フェス[お仕事体験&大学園祭2017]』を朱鷺メッセ(新潟市中央区)で7月15・16日の二日間にわたって開催し、昨年を上回る約42,000人(昨年の来場者数:約40,000人)を集めて、大盛況のうちに幕を閉じた。

同イベントは進学を検討している高校生を対象としたもので、NSGカレッジリーグ27校は、それぞれブースで学科・コースに即した100に及ぶ職業が体験できるコーナーを設けたほか、各校のキャンパスライフの魅力に触れてもらえるよう、在校生による模擬店やファッションショー、ミスター/ミスNSGコンテストなども、同時に催された。メインステージでは旬のお笑い芸人や御当地アイドル「Ryutist」、韓国の若手グループ「ROMEO」等のライブが開催され会場を盛り上げた。

今年度は、集客策としてTwitterやLine@等のSNSを積極的に活用してきたこともあり、イベント開催中に来場者の多くがその模様をSNSにアップする姿が見受けられた。特にTwitterでは「#NSG夏フェス」というハッシュタグが開催中に7度もトレンドとして取り上げられるなどしており、ネット上でも多くの注目を集めるイベントとなった。
NSGカレッジリーグでは各専門学校の魅力を伝えるため、これまでも各校でYoutubeチャンネルを設けて動画の積極的な公開をしてきたが、今後もオープンキャンパスや学校説明会などのリアルイベントとSNSなどのネット戦略とを組み合わせて、新潟県内外の高校生に対して各校の魅力を積極的に配信していく予定だ。

【NSGカレッジリーグ】リンク
NSGカレッジリーグは、新潟県新潟市中央区に本部を置く日本最大級の専門学校グループ。
新潟県内に展開する全27校の学科を合わせると210学科(243コース)にもなり、文部科学省が分類する8つの分野(工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養)をすべてカバーしている。また学生は新潟県内のみならず、全国47都道府県の高校生のほか、社会人、大学、短大の卒業者などの入学が毎年増加している。特に近年では中国、香港、韓国、フランスなど18ヵ国からの留学生の入学も上昇傾向にある。

【NSG夏フェス[お仕事体験&大学園祭2017] 開催概要】
URL: リンク
名称:NSG夏フェス[お仕事体験&大学園祭2017]
会期:2017年7月15日(土)・16日(日)10時00分~17時00分
会場:新潟朱鷺メッセ   入場料:無料    
来場者数:42,000人(2日間延べ人数)
主催:NSGカレッジリーグ・NSGカレッジリーグ校友会総連合会

【NSGカレッジリーグ「夏フェス」 各学校ブース紹介】※一部抜粋

≪長岡こども・医療・介護専門学校≫
注目のリラクゼーション療法「ハンドトリートメント体験コーナー」に連日大行列!
介護福祉科を有する当校では、今、話題の自然療法「ハンドトリートメント」体験コーナーを設置。「ハンドトリートメント」とはハンドケア・コミュニケーションと呼ばれる手による接触と会話によるコミュニケーションで施術する療法で、介護の分野だけでなく医療や美容の分野でも大いに注目を集めています。会期中に施術を担当した学生は33名。あまりの人気に施術する学生が疲れてしまう結果に・・・。
施術を担当した留学生のドゥ・マイ・ラン(ベトナム、介護科2年生)は、「大勢の人から上手いと褒められた。素直にウレシイ。行列(人気)がすごくてびっくりした。将来、日本で介護福祉士として働きたいのでとても良い経験になった。」とコメント。
動画URL リンク

≪新潟コンピューター専門学校≫
人気アニメ「DIVE!!」とコラボ!飛込競技をVRで体験!
水泳の飛込競技を舞台とした人気アニメ「DIVE‼」とコラボレーションしたVRソフトを設置。高さ10メートルからの飛込やキャラクターとの会話を来場者に体験してもらった。ゲームクリエーター科を有する当校では、まだVRを実際に体験したことのない方が多いため、「仮想現実」という世界を多くの方に体験してもらおうと、今回この体験会を実施。実際に体験している方はいくらVRとは言え、10メートルの飛込台から飛び降りるだけあって、悲鳴を上げている方もいたが、皆さん楽しそうに体験をしていた。
ゲームクリエーター科プログラムコース3年生 藤原くんコメント
「VRを初めてプレイする人のサポートがしっかり出来ました。来場者にVRを楽しんでもらえて良かったです!」

≪国際メディカル専門学校≫
留学生、人生初の鍼灸体験!
鍼灸師を育成する当校では、「鍼灸治療無料体験」コーナーを設置。普段なじみのない東洋医療を経験してもらう機会となり2日間で312人の方がはり治療を受けた。スリランカ出身で他校の留学生は「はり治療」を聞いたことがない。遠巻きに怪訝な表情で治療の様子を伺っていたが、当校スタッフに促され、勇気を出してベッドに座る。右肩の凝りを施術者に伝え、はりが患部にあてられる様子を不安そうにみていた。数分後、施術を終えた彼は、「はりは痛くなかった。肩も軽くなったような気がした。今度国際メディカル専門学校附属の治療院に行きたい。場所はどこ、予約は必要?」と当校スタッフは質問攻めにあっていた。スリランカにも鍼灸治療が普及するといいですね。

≪伝統文化と環境福祉の専門学校≫
学生たちが運んだ、学校ブースのシンボル「六層三重塔」
伝統建築学科を有する当校では、宮大工の技術がつまった高さ3mを超える六層三重塔をシンボルとして設置。総重量数トンという塔を佐渡から会場の新潟市まで搬入するだけでも大変な作業です。高度な技術で作られた塔は、各層に分割可能で、組み立てと分解を繰り返し、無事に会場へ搬入されました。展示期間中、六層三重塔は伝統建築の美しさと作品の緻密さで、多くの人々の注目を集め、伝統建築の魅力を発信するという目標を達成。学生たちが今まで学んだ知識や技術を駆使し、展示から撤収まで責任をもって実行できたことは、大変素晴らしい経験となった。
動画URL リンク

≪アップルスポーツカレッジ≫
東京五輪追加種目 3×3バスケットボールを地方から盛り上げる!
東京五輪で正式種目に決定した3×3バスケットボール。当グループでは「NSGカレッジリーグ杯 3×3バスケットボール大会」を4年前から実施し、新潟県バスケットボール協会、新潟アルビレックスBB、NSGカレッジリーグが連携し行っている。昨年までは、専門学校だけの出場だったが、今大会は高校男子の部を設け4チームが参加。観覧者はピーク時、約300名余りで過去最高の集客であった。当校は今後も協会・プロチーム・専門学校(卒業生含む)との連携の中、3×3バスケットボールを今後も地方都市新潟から発信続け盛上げていく。
動画URL リンク

≪日本アニメ・マンガ専門学校≫
アニメ・マンガ風に似顔絵描きに挑戦!
当校では、学生希望者に対し似顔絵の指導を行い「似顔絵クラブ」を組織し、地域のイベントや養護施設や幼稚園等への似顔絵ボランティア等に地域貢献事業として参加・協力をしております。今回の学園祭でも似顔絵ブースを設け、在校生が似顔絵描きを行いました。従来の似顔絵とは違い学生の得意とする「マンガ・アニメのタッチ」で仕上げる似顔絵で小さいお子様からご年配の方まで広くご好評を頂きました。
学生スタッフコメント「普段、授業で練習しているマンガ・アニメの表現を活かし、オリジナリティーが出るように似顔絵を描かせていただきました。お客様から「ありがとう、大事にします」と言っていただけました。自分の描いた絵でお客様が喜んでいただけるのがすごく嬉しいし自信になります。」
動画URL リンク

≪新潟農業・バイオ専門学校≫
学生運営模擬会社『食娯楽(しょくごらく)』始動! 学生社長が奮闘。
7月1日に校内で発足した、学生運営模擬会社『食娯楽(しょくごらく)』が、学園祭初日に営業活動を開始しました。
模擬会社『食娯楽』は【楽しむことが“食”である】をコンセプトに発足し、学校の農場で行う栽培実習で収穫した農産物を販売するとともに「どのように調理することで、より素材や食が楽しめるか」という、楽しみの付加情報も提供する【食のエンタテインメント企業】として活動。学園祭会期中は収穫物の販売と共に、素材を楽しみための情報を提供。さらに食の楽しみや可能性を伝える商品として【梅ドレッシング】を製造、販売。また、水だけで栽培した、ロメインレタスとともにご試食いただき、好評につき予定数を販売することが出来ました。
農業経営科3年生 橋本良輝さん(『食娯楽』代表取締役社長)コメント。
「2日間で、多数の方に『食娯楽』ブースへお越しいただきました。これからも野菜をどのように食べると、美味しく、楽しくなるのかを伝えるために、私たちもさらに勉強してまいります。」
動画URL リンク

≪国際自然環境アウトドア専門学校≫
オリンピック新種目「ボルダリング」を体験!
クライミングインストラクター学科、山岳プロ学科を有する当校では、東京五輪から正式種目になる「ボルダリング」を体験できるブースを設置。学生たちが制作したイベントオリジナルのクライミングウォールで来場者に体験会を実施し、上手に登るコツなどを指導した。東京五輪新種目で注目が集まるなか、来場者は2日間で約380名と大盛況だった。
学生スタッフ3年生 安達正貴さんコメント
「一からクライミングウォールを立てることを経験したのですが、クライミングを設営するというこの難しさを実感できました。当日は、初めて挑戦する方がたくさん来場してくださり、自分たちが設営したクライミングを体験してもらうことで、来場者の楽しさやうれしさを共感することができて、とても勉強になりました。小さいこどもから大人の方までの「楽しい!」という言葉をきけて本当にうれしかったです。この経験を、今後の活動に生かしていきたいと思います。」
来場者コメント 10代男性
「クライミングが東京オリンピックの正式種目になったことを今回初めて知りました。実際初めて体験してみて、とても楽しかったです。東京オリンピックでは、クライミングに注目していきたいと思います。」
動画URL リンク


NSGカレッジリーグ
学校法人 新潟総合学院・国際総合学園
所在地:新潟市中央区東堀通一番町494−3
代表者名:池田弘 URL: リンク
イベント特設サイト リンク

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当部署:事業推進部   担当者名:江口五郎
TEL: 025-210-8560

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事