logo

Beat Communication、ソーシャルやビッグデータ分析、ネットワーク解析を行う新サービスを提供開始

ビジネスソーシャルのパイオニア株式会社Beat Communication(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村井亮)は、2004年に世界ではじめて社内SNS開発した企業として長年培ってきたソーシャル・ネットワークの知見を活かし、ビッグデータの分析や社内ネットワーク解析・可視化を行うソーシャル分析サービス「Beat Analytics(ビートアナリティクス)」を7月24日より提供します。

■ソーシャル分析「Beat Analytics」の提供背景

近年、ビッグデータの活用・解析に関心が高まっています。2016年11月のガートナージャパンの調査によると「ビジネス部門には、データ活用で解決できる課題や新しいアイデアが多く埋もれていると思うか?」という問に72.8%の企業が「はい」と回答しました。しかしながら、ビジネス部門との対話を進めているのは19%にすぎず、4割に上る企業は1年以内に対話を始める見込みであることが明らかとなりました。(詳細参照)以上の調査から、これまでのテキストマイニングツールとは異なり、より現実のビジネスに活かせる実践的な分析結果を得られるデータ分析サービスを提供することとなりました。

■ソーシャルデータ分析「Beat Analytics」の特徴

テキストマイニングやネットワーク解析を単体で行う製品は、大手シンクタンクなど数社が販売を進めています。しかし、分析した結果を現実のビジネスにどう活かすかが不明確であったり、データに対する仮説が不十分で、得られた結果からそのポテンシャルを生かせず有効な活用方法が見いだせないことも少なくありませんでした。
Beat Communicationでのソーシャル分析サービスでは、データ分析の基本機能はすべて網羅しつつ、従来のツールがカバーしていなかった経営に活かす仮説を立てまでの支援をビートコミュニケーションがするのが最大の特徴です。

■ソーシャルデータ分析サービス

(1)テキストマイニングによる発言傾向の把握

社内SNSへ蓄積されたテキストデータをマイニングすることで、各社員の発言傾向や部門での話題の変化を把握することができます。経営方針と整合が取れているかの確認や日常会話より新製品のアイデアも見つけられます。


(2)ネットワーク分析機能

コミュニケーションログなどから組織図に現れない社員のつながりを可視化できます。組織で中心となっている人物や部門を把握することで、製品開発のスピード化に貢献したり、効果的な組織編成の検討を容易にするほか、現場レベルでは、同じ議論の繰り返し防止やボトルネックとなっている理由等を早期に発見することができます。


(3)ポジティブ・ネガティブ発言の分析

発言がポジティブかネガティブかという切り口で分析を行うことで、全体の経営の現状を把握することができます。風土改革の結果、社員の声がポジティブになったのかネガティブに傾いているのか、経営判断がコミュニケーションに与える影響などを評価できます。


■ビジネスソーシャル「Beat Shuffle」の活用

今回、オプションでビジネスソーシャル「Beat Shuffle」を提供します。社員のコミュニケーションや、コールセンター、代理店、内定者などの社外とのやり取りに活用もできます。蓄積した結果を分析することで、分析ツールだけでは得られないより深く意味のある結果を得ることができます。



■Beat Communication代表取締役社長 村井 亮のコメント

働き方改革が本格的に進み、企業としては限られたリソースを活用し、これまで以上に高い生産性を生み出すことが重要になってきています。当社では、新しい働き方を推進するハイブリッド型ホラクラシーの社内SNSの開発・提供も開始しましたが、組織のフラット化が進めば進むほどトップダウンの情報伝達だけでは対応が難しくなります。現実のネットワークを把握することで耳に届かない情報も分析し、それを経営に活かすことも必要になってきました。従来のデータ分析ツールは現実を分析し経営に生かすには不十分であったため、当社が長年培ってきたソーシャル・ネットワーク知見を活かし、世界中の経営を変えるツールとしてビッグデータの分析サービスを社内SNSとセットで提供開始させて頂くことになりました。これによって情報の相関関係を発見し、販売や新製品開発へ生かすと同時に、蓄積されたナレッジを戦略的に有効活用することができます。今後は消費財やサービスの口コミを分析し企業経営に活かすサービスを提供予定です。当社は本製品の販売により2020年までに年間売上20億円を目標に展開します。

■価格について

・初期費用:30万円
・「ソーシャル分析」単体利用:14万円~
 ※分析レコード数により価格が変動
・分析コンサルティング:プラス10万円~
・オプション(社内SNS):540円/1ユーザ
※50ユーザ以上でのご契約となります。
・データ分析サービス:リンク

詳細:リンク

■Beat Communicationについて

2003年に世界で初めてソーシャルグラフの実験を行い、2004年に世界で初めてエンタープライズソーシャル・ネットワークを発表した業界のパイオニア。主な顧客には、株式会社NTTデータ、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、三井不動産ファシリティーズ株式会社など数多くの大手企業に社内SNSを導入している。

■会社概要

商号:株式会社Beat Communication
代表取締役社長:村井 亮
資本金:34,000,000円
所在地:東京都渋谷区東2-23-12 プレミアムユーゾーンビル 5F
事業:ソーシャルネットワークサービスの構築、販売、ソーシャルメディア全般のコンサルティング・企画・開発・運営
URL:www.beat.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先

企業名:株式会社Beat Communication
TEL:03-5778-0387
担当:小石
Email:pr@beat.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事