logo

WIN, Linux, Androidに対応した小型Time of flight VL53L0X搭載小型USBモジュールの販売開始

WIN, Linux, Androidに対応した小型Time of flight VL53L0X搭載小型USBモジュールの販売開始

ポジティブワンは、2017年7月20日、WIN, Linux, Androidで動作できる小型Time of flight VL53L0X搭載小型USBモジュールの販売開始致します。

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、市場最小のパッケージに格納された新世代のToF(Time-of-Flight)レーザー測距 VL53L0X搭載小型モジュールの販売を開始致します。すでに、Windows, Linux, Android端末とUSBで接続ができ、APIやSDKが用意されているところが特徴です。

新世代のToF(Time-of-Flight)レーザー測距 VL53L0Xは、従来の技術とは異なり、対象物の反射がどのようなものであっても正確な距離測定が可能です。測距性能の新しい基準となる最大2 mの絶対距離が測定可能で、様々な新用途への扉を開くものです。

VL53L0Xは最先端のSPAD(Single Photon Avalanche Diode)アレイを集積し、STの第2世代FlightSenseTM特許技術が組み込まれています。

VL53L0Xの940 nm VCSEL(Vertical Cavity Surface-Emitting Laser)が発する光は、人間の目にはまったく見えず、内蔵の物理赤外フィルタと組合わせることにより、より長い測距距離、環境光に対するより高い耐性、およびカバーガラスの光学的クロストークに対する堅牢性の改善を達成します。

測定はUSB経由で直接読み取ることも、USBで再度接続したときに後で取り出すためにデバイス内部のフラッシュに保存することもできます。

このデバイスは、Hub-Ethernetを使用してイーサネットネットワークに直接接続することができ、Hub-Wireless-gを使用してWiFiネットワークに接続できます.Hub-GSMのおかげでGSMネットワークに接続することもできます。

◆POC-VL53L0X-ToF小型USBモジュール
- 幅20mm x 長さ58mm
- 重量5g
- USBコネクタマイクロB
- マックス精度3%
- 最大距離2メートル(~6%)
- 視野(FOV)25°
- 波長940nm
- 赤外線測距センサチップセットVL53L0X

◆POC-VL53L0X-ToF小型USBモジュール対応ソフトウエア
サポートされるオペレーティングシステムは、Windows、Linux (インテル+ ARM)、MAC OS X、Android
ドライバがないドライバに必要な
API / SDK /ライブラリ(USB + TCP)C ++、Objective-C、C#、VB .NET、デルファイ、PythonやJava/ Android
API / SDK /ライブラリ( TCPのみ)Javascript、Node.js、PHP、Java

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。