logo

「キリン 生茶」の年間販売目標を上方修正

キリン株式会社 2017年07月20日 11時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、「キリン 生茶」の年間販売目標2,840万ケース(前年比108%)を、2,920万ケース(前年比111%)に上方修正します。これは、昨年実績(2,620万ケース、前年比144%)よりも300万ケース上回る目標です。

「生茶」は、昨年3月のリニューアル以降、スタイリッシュなパッケージと、コクと余韻がしっかりと味わえる味覚が高い評価をいただいています。今年3月には味覚をブラッシュアップし、微粉砕した“かぶせ茶”をより丁寧に仕上げることで、さらにまろやかでコクのある味わいを実現しました。3月には300mlペットボトルを新たにラインアップに加え、5月にはペットボトル入り緑茶飲料として唯一※のカフェインゼロの「キリン 生茶デカフェ」を発売しています。
※100ml当たりカフェイン含有量0.001g未満のPET容器詰め緑茶飲料として唯一、2014年2月SVPジャパン調べ

また、今年はコミュニケーションを進化させ、伝統的なイメージのある緑茶カテゴリーの洗練された新しい一面を知っていただくために、TV-CMによるトライアル喚起や、3月の「あけてびっくり生茶箱キャンペーン」、5月の「自分だけの生茶旅プレゼントキャンペーン」を実施するなど、ユーザーの裾野を広げる施策を行ってきました。その結果、今年1-6月の販売実績は前年比115%と好調に推移しています。

「生茶」は7月21日(金)より、お茶について楽しく学べる体験型施設「お茶のいろは」を東京原宿で展開するなど、今後も新しい緑茶カルチャーの確立をめざし、お茶の魅力を発信し続けることで緑茶市場の活性化に貢献していきます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

             記

1.商品名:【1】「キリン 生茶」 【2】「キリン 生茶デカフェ」
2.発売地域:【1】【2】全国 
3.発売日:【1】2017年3月7日(火)【2】2017年5月23日(火)
4. 容量・容器:
【1】(1)525ml・ペットボトル(手売り専用)(2)430ml・ペットボトル (3)300ml・ペットボトル (手売り専用) (4)185g・缶 (5)340g・缶 (6)280ml・ペットボトル (7)555ml・ペットボトル (8)2L・ペットボトル (9)250ml・紙(LLスリム)
【2】430ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格):
【1】(1)140円 (2)127円 (3)115円 (4)80円 (5)115円 (6)115円 (7)140円 (8)330円 (9)100円
【2】140円                  
                        以上


(本件お問い合わせ先)
キリン株式会社 コーポレートコミュニケーション部 
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス TEL 03-6837-7028

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事