logo

Venture Global LNGがトタルでLNGビジネスを率いたトム・アール氏を最高営業責任者に採用

Venture Global LNG 2017年07月20日 10時23分
From 共同通信PRワイヤー

Venture Global LNGがトタルでLNGビジネスを率いたトム・アール氏を最高営業責任者に採用

AsiaNet 69373 (1079)

【ワシントン2017年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】Venture Global LNGは、トム・アール(Tom Earl)氏を同社の最高営業責任者(CCO)として採用すると発表した。トム・アール氏は同社に入社する前は、トタル(Total S.A.)の開発担当副社長を務め、グローバル液化天然ガス(LNG)事業の開発に注力した。

トム・アール氏は、国際的なLNGターミナルプロジェクトや新たなダウンストリーム資産取引などを含む高い評価を受けた最近の新規LNG市場への拡大においてトタルを代表した。同氏はトタル時代、2012年から2015年にかけて米国LNG液化取引でトタルを代表した。それ以前には、トタルで電力取引の責任者を務め、欧州全域での新設電力市場への大規模な拡大をリードした。同氏は1998年にトタルに入社した。

Venture Global LNGのマイク・セーベル共同最高経営責任者(CEO)は「トムはVenture Global LNGのリーダーシップへの有力な補強であり、LNG市場で最も認知度の高い人物の1人であり、われわれのチームへの重要な補強となるだろう」と語った。ボブ・ペンダー共同最高経営者(CEO)は「トムは、世界最大級の国際石油企業(IOC)という有利な地点から世界的なLNG市場を理解し、Venture Global LNGが変貌しつつある世界ガス市場にもたらす価値を見据えている」と述べた。

トム・アール氏は「成長しつつある世界のLNG市場への重要な低コストサプライヤーとしてのVenture Global LNGの将来に興奮している」と語った。

アール氏は、英ロンドンに駐在し、VG LNG, Marketing LLC. のCCOを務める。

▽Venture Global LNGについて
Venture Global LNGは米国における低コスト天然ガス生産を生かし、LNGの長期的な低コスト生産者になる計画である。Venture Globalは年間で総計3000万トン(30MTPA)の輸出能力となるカルカシュー水路およびプラークミンズ(Plaquemines)の2つのLNG輸出ターミナルを建設中である。詳しい情報はwww.venturegloballng.com を参照。

ソース:Venture Global LNG

▽問い合わせ先
Jessica Wickett
jwickett@vglng.com
+1-202-759-6739


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事