logo

日本トップの通信オペレーターKDDIがネットワークトラフィック・インテリジェンスのためにKentikを採用

Kentik 2017年07月20日 10時14分
From 共同通信PRワイヤー

日本トップの通信オペレーターKDDIがネットワークトラフィック・インテリジェンスのためにKentikを採用

AsiaNet 69297 (1048)

【東京、サンフランシスコ2017年7月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*フォーチュン・グローバル500の大手企業はリッチなデータセットに素早くアクセスし、ネットワークプランニングとイノベーションを加速する

ネットワークトラフィック・インテリジェンスのリーダーであるKentikは19日、フォーチュン・グローバル500の1社で、アジア最大級の通信/インターネットサービスプロバイダーであるKDDIがリアルタイムのネットワークオペレーションとネットワークプランニングの効率化のためにKentik Detectを導入したと発表した。KDDIはKentikを導入することによって、オペレーション決定をより迅速に行い、エンジニアリングチームが事業変革により多くの時間を割くことができる。

通信オペレーターは毎年、数十億ドルを投じてサービス提供を維持、向上させて競争力を保っている。その投資の一環として、ネットワークプランニングはビジネスにとって不可欠な機能であり、これによって顧客の要望に応え、新しい市場チャンスを生かし、最終的には収益を増大させるための通信オペレーターの能力を大幅に向上させることができる。リッチなネットワークデータは効果的なプランニングにとって不可欠なものであり、オペレーターが新しいサービスを開始する時期や、顧客により高いパフォーマンスを提供するコスト効率に優れた方法を決定する際に、有益な情報を提供する。しかし、通信オペレーターの大半は依然として、絶え間なく生成される大量のネットワーク・テレメトリーデータを最大限活用することに四苦八苦している。

KDDI技術統括本部ネットワーク技術本部の丸田徹IPネットワーク部長は「われわれKDDIは、組織全体で改革を進める努力に絶え間なく取り組んでいる。しかしこれまでは、当社のネットワークエンジニアにとって、チームがネットワークに関する回答を見つけ出すためにとてつもない時間を費やさなければならず、チームの能力が制約を受けてきた。当社のネットワークの膨大なスケールとその複雑性に加え、それが生成するデータ量を考慮すると、ネットワークプランニング分析の策定には多くの場合、数日を要してきた。Kentik Detectを使用することで、われわれのチームは現在、ネットワークに関する有益な知見を提供する豊富なデータセットを利用することができる。Kentikはより良いネットワーク構築のためにわれわれが必要とする回答を提供してくれている」と語った。

KDDIが注目したKentik Detectの最も優れた特徴の1つは、ソリューションが誇る強力で直観的に認識できる複雑なデータの可視化である。Kentikソリューションを使用して、KDDIのネットワークエンジニアは可視化によって容易にピボットし、ネットワークの多次元分析をリアルタイムで得ることができる。

Kentikのアビ・フリードマン共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は「KDDIのような世界をリードする通信オペレーターにとって、自らのリッチなネットワークデータから価値を派生させることは競争上優位となる。最速で最も包括的なデータ分析を使用する組織は収益と業績を増進し、データを変換して組織および顧客にとってより良いビジネス決定を支援する強力な知見にすることができる。KDDIは急展開を続ける顧客の1つであり、今後もパートナーシップが継続され、KDDIは導入したKentikプラットフォームのネットワークトラフィック・インテリジェンスを活用して追加のサービスを展開していくことを期待する」と語った。

Kentikのソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)ビッグデータ・ネットワークトラフィック・インテリジェンス・プラットフォームは、従来のアプライアンスをベースにしたネットワークモニタリング・ツールとは異なり、高度にスケーラブルで柔軟、かつ高速である。通信プロバイダー、ISP、エンタープライズ、ウェブ企業はKentikを使い、運用を向上させ、機能を最適化し、異常性を解決し、DDoS防御を自動化し、アプリケーションおよびサービス・パフォーマンスを防御する。

KDDIのKentik使用方法の詳細を知るには、7月26日から28日まで日本ネットワーク・オペレーター・グループ会議(JANGOG 40、リンク )で両社を訪問していただきたい。

▽KDDIについて
KDDIは日本をリードする通信企業でありグローバルフォーチュン500社の1つである。4000万の国内モバイル加入者にサービスを提供するKDDIはマネージドネットワーク、データセンター、クラウド、セキュリティー、システムインテグレーションから成るさまざまなポートフォリオを提供する。詳細はウェブサイトリンク を参照。

▽KENTIKについて
Kentikはネットワークトラフィック・インテリジェンス企業である。現代のビジネスにとって不可欠なほぼすべてのものがワイヤを通過しており、ネットワークは単にビジネスに役立つだけでなく、ビジネスを目撃している。Kentikは膨大なデジタルフットプリントのネットワークトラフィックを、ビジネスおよびテクニカルな運用のためのインテリジェンスにリアルタイム変換する。ネットワークオペレーター、エンジニア、セキュリティーチームはKentikを使用して、パフォーマンス、セキュリティー、ネットワークおよびビジネスの可能性を管理し、それを最適化する。同社はネットワークおよびビッグデータ技術者と、Akamai、CloudFlare、YouTube、Netflixなどの企業の幹部によって創設され、オペレーション、アーキテクチャー、分散システムで数十年の経験を擁している。Kentikはサンフランシスコに本社を構えている。詳細はウェブサイトwww.kentik.comを参照するか、Twitter@KentikInc(リンク )でフォローを。

ソース:Kentik

▽問い合わせ先
Michelle Kincaid, Director of Communications at Kentik
Email: michelle@kentik.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。