logo

AltairがPLM向けIoT分野のリーダーとして確固たるビジョンを提示: 高評価のIoTプラットフォーム開発元Carriots社を買収

Altairは、2011年にスペイン・マドリードで設立された、モノのインターネット(IoT)テクノロジー企業であるCarriots S.L(以下、Carriots社)を買収しました。Carriots社は、デバイスの迅速な接続・管理とデータの収集・分析を可能にし、エンタープライズビジネス用システムとインテリジェントなアプリケーションの融合を可能にする、IoTアプリケーション対応プラットフォーム(IoT AEP)、Carriots®の開発元です。

Carriots社の創業者であるMiguel Castillo氏は、「Altairのソフトウェア製品群とCarriotsのIoT向けソリューションを組み合わせることで、コネクテッドプロダクツの開発、分析、管理に必要なテクノロジーをライフサイクル全体にわたり提供できるようになります。製品設計とエンジニアリング分野のリーダーであるAltairのチームに加わることで、お客様がIoTの価値を高めるための支援をさらに強化できます」と述べています。

Carriotsプラットフォームの導入により、ハードウェアやインフラストラクチャのプロバイダー選択時や、カスタムアプリケーションの調整・構築時の制約を最小限にでき、エンタープライズ向けITシステムやオンボードデバイスとサードパーティ製ソリューションとをCarriotsに直接統合してターンキー式PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)を提供する際の自由度も向上します。Carriots社は、IoTアプリケーションのコンセプト検証を実施していただくための無料試用版を用意しており、商用契約(リンク)の際には、ライセンスの適用範囲を何百万ものデバイスに拡張することが可能です。Carriotsプラットフォームの最大の強みは、スマートシティーやエネルギー、農業から、消費者製品や物流に至るまで、幅広い活用場面に対応できる展開のスピードとスケーラビリティです。

Altairの創業者であり、会長兼CEOを務めるJames R. Scapaは、「接続環境とインテリジェンスがあらゆる分野に浸透している現在、パフォーマンスを最適化することは、製品のライフサイクル全体にわたって継続的に実施すべきプロセスへと進化しています。Altairは、弊社の技術、パートナー企業の技術、Carriotsプラットフォームという3軸を一体化することで、お客様のデジタルツイン戦略を支援するアプリケーションも含めてIoTリーダーとしての地位を確立します」と、述べています。

用語解説

Altairについて
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、23ヵ国に67以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事