logo

「大学って楽しい!おもしろい!」最先端の研究成果を活用した、体験学習教室を開催 -- 夏休みの子どもたちの学習を支援 -- 関東学院大学

関東学院大学 2017年07月19日 08時05分
From Digital PR Platform


関東学院大学(本部:横浜市金沢区 学長:規矩大義)は、小中高校の夏休み期間にあわせて、先端研究の成果を生かした子ども向けの体験学習教室を開催する。


 関東学院大学では、子どもたちの夏休みの学習を支援するとともに、教育研究の成果を発信していく場として子ども向けの体験教室を開催してきた。今夏は、「化学」「土木工学」「看護学」の分野で、先進的な研究に取り組む研究者と大学生たちが講師役を務める。

 体験教室では、子どもたちが普段利用することが難しい高等教育機関の研究機材などを用いて体験的な学習の場を提供する。また、自ら学びの成果を生かした体験学習教室の開催を通じて、大学生の主体的な学びへの意欲向上を目指す。

【1日体験化学教室】
・日時: 7月22日(土)10:00~17:00
・場所: 横浜・金沢八景キャンパス(横浜市金沢区六浦東1-50-1)
・対象: 中学生高校生50名程度
・講師: 理工学部応用化学コースに所属する教員と学生
・内容: 液体窒素を利用した超低温の世界や、電子顕微鏡の体験など

【ひらめき☆ときめきサイエンス「病気別の食事を考えた自分カルテ作り」】
・日時: 8月7日(月)10:00~15:30
・場所: 横浜・金沢八景キャンパス(横浜市金沢区六浦東1-50-1)
・対象: 小学校5~6年生24名
・講師: 看護学部に所属する教員と学生
・内容: 聴診器を利用した腹部の音を聞く体験や、絵本や人形を利用した消化管の観察など

【アートどろだんごwith 「どぼじょ」】
・日時: 8月6日(日)13:00~15:30
・場所: 横浜・金沢八景キャンパス(横浜市金沢区六浦東1-50-1)
・対象: 小学校1~4年生30名
・講師: 「土木系女子学生の会」に所属する女子学生(どぼじょ)
・内容: 粘土の特性を利用したカラフルなどろだんご作り

(※参加受付を終了しているイベントもございます。ご了承ください)

▼取材等に関する問い合わせ先
 関東学院大学 広報課(鈴木敦、石川祥子)
 TEL  045-786-7049
 E-mail: kouhou@kanto-gakuin.ac.jp
 横浜市金沢区六浦東1-50-1

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。