logo

新製品10/40ギガ対応インテリジェント・スタッカブルスイッチ「AT-x550-18XTQ」、プレミアムライセンス「AT-x550-FL01」をリリース


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、10ギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチ「AT-x550-18XTQ」、およびAT-x550シリーズ用プレミアムライセンス「AT-x550-FL01」の出荷を7月25日より開始します。また、発売を記念して2017年7月25日より12月28日(出荷分)まで、「AT-x550シリーズデビューキャンペーン」を実施します。大変お求めやすい価格となっておりますのでこの機会にぜひご検討ください。

「AT-x550-18XTQ」は、コンパクトな1Uハーフサイズの筺体に、1000/10GBASE-Tポートを16個と、40GQSFP+スロットを2個搭載した、10ギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチです。
別売のラックマウントキットAT-RKMT-J15(1629R)を使用することにより、19インチラック1Uのスペースに2台を並べて設置することが可能です。10/40G対応スイッチとしてはユニークな、少ポート/ハーフサイズ筐体で冗長性の確保やCopper/Fiberの混在を目的とした柔軟なポート構成を限られたスペースで実現します。

【主な特長】
(1) 1000/10GBASE-T対応
1000/10GBASE-Tポートを16個搭載。1Gと10Gのデュアルスピードに対応するため、これまでの1G環境への投資を保護すると共に、1Gから10Gへのスムーズな移行を強力に推進します。様々な規模のネットワークで導入しやすい小ポート構成のため、アップグレードのスモールスタートにも柔軟に対応します。
(2) 40Gイーサネットモジュール (QSFP+)
QSFP+モジュール対応スロットを2スロット搭載しており、別売のQSFP+モジュールを搭載することで、高速/大容量40Gイーサネット環境を提供します。また、別売のブレークアウトケーブルにより4個の10Gインターフェースとして使用することも可能です。
(3) VCS (バーチャルシャーシスタック)
複数のスイッチを双方向160Gbpsの帯域幅を持つスタックモジュールで接続することにより、1台の仮想スイッチとして扱うことが可能です。VCSグループは、最大2台のx550シリーズを自由に組み合わせて構築でき、1mから10kmまで、対向機器との距離に応じたスタック構成を実現します。
(4) AlliedWare Plus (AW+)
機能ごとのモジュールに分割されており、単一の障害が与える影響範囲を最小限に抑えることが可能です。これにより、旧来方式の製品と比べ、システム全体の可用性が格段に高まります。また、業界標準のコマンド体系に準拠し、他社製品からの移行においても、エンジニアの教育にかかる時間と経費を大幅に削減できます。

<新製品 / AT-x550シリーズデビューキャンペーン>*価格は税別
製品名         標準価格     キャンペーン価格    リリース日
AT-x550-18XTQ    ¥650,000    ¥450,000       7月25日
AT-x550-18XTQ-Z1  ¥702,000    ¥486,000       7月25日
AT-x550-18XTQ-Z5  ¥910,000    ¥630,000       7月25日
AT-x550-FL01     ¥121,000     -          7月25日
AT-x550-FL01-Z1   ¥127,100     -          7月25日
AT-x550-FL01-Z5   ¥151,300     -          7月25日
*サポートチケットについては当社ホームページをご覧ください。

---------------------------------------------------------------------

TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL:リンク
---------------------------------------------------------------------


アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
田中 利道  E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042  URL:リンク
アライドテレシス株式会社  東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。