logo

スマートフォン専用ゲーム『OO-FORMATION』が大型リニューアル!『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』2017年夏 単独アプリ配信決定!

アスキー・メディアワークス

 スマートフォン専用ゲーム『OO-FORMATION(ダブルオー・フォーメーション)』では大型リニューアルを順次実施、電撃文庫『境界線上のホライゾン』の世界を表現した新シナリオを追加したゲームアプリ『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』を、単独ゲームアプリとして2017年夏より配信開始いたします。『OO-FORMATION ObstacleOverture』は完全無料ゲームへとリニューアルいたします。



[画像1: リンク ]

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)アスキー・メディアワークスは、現在配信中のスマートフォン専用ゲーム『OO-FORMATION(ダブルオー・フォーメーション)』の大型リニューアルを順次実施、新シナリオを追加したゲームアプリ『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』を、単独ゲームアプリとして、2017年夏よりAndroid版とiOS版それぞれで配信開始いたします。

 『OO-FORMATION』は、エンターテインメント・ノベルレーベル電撃文庫の人気シリーズ『境界線上のホライゾン』の原作者・川上 稔とイラストレーター・さとやす両氏の強力タッグが生み出した、本格的カードバトルゲームです。2016年9月よりスマートフォン専用ゲームとして『OO-FORMATION ObstacleOverture(オブスタクルオーバーチュア)』を配信しております。

 今回配信開始となる『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』は、『OO-FORMATION』に『境界線上のホライゾン』の世界を表現した内容となります。『王と八人の仲間達』では、ゲームのメインプレイとなるイベントミッションだけでなく、キャラクターごとに異なる対戦シナリオ、チュートリアルなどを、原作者・川上 稔氏による完全書き下ろしでご用意いたします。さらに、ゲームシステムでも、日替わりで登場するレイドボスやダンジョンなどの追加を予定しており、ゲームの魅力がさらに増しております。

 『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』の配信開始に合わせ、『OO-FORMATION ObstacleOverture』を完全無料ゲームへとリニューアルいたします。ゲーム配信開始日やリニューアル内容などの詳細は、公式ホームページまたは公式Twitterにて、順次お知らせしてまいります。


『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』概要
英雄は充分間に合っている。では、私達は──。
【配信開始日】2017年夏 予定
【配信元】Google Play、App Store ※一部非対応機種がございます。
【価格】基本無料(一部アイテム課金あり)
【権利表記】(C)2016 MINORU KAWAKAMI (C)KADOKAWA CORPORATION 2016
【公式サイト】 リンク
【公式Twitter】 リンク


■『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』について
 『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』は、原作者の川上 稔 氏自らが、メインとなるイベントミッションだけでなく、キャラクター毎に異なる秘書対戦シナリオ、カードの個性をあらわすフレーバーテキスト、チュートリアルなどをすべて完全新規書き下ろしでご用意。『境界線上のホライゾン』の世界の導入により、ゲームシステムも、日替わりのレイドボスやダンジョン、新たに登場する巨大航空都市艦「武蔵」による戦闘時の加護などが加わったことで、より一層ゲームの魅力が広く深くなっております。なお、イベント部分シナリオはフリー解放。カードバトル無しでも読み進められます。

■『OO-FORMATION ObstacleOverture』完全無料化について
 現在配信中の『OO-FORMATION ObstacleOverture』は、『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』の単独アプリ配信にあたり、完全無料ゲームへとリニューアルいたします。
 リニューアルの内容は、ゲーム内アイテム「拝気石」※の有償販売、無料配布の終了と、それに伴うバランスの調整や、チュートリアルの実装、デッキ編集時のドラッグ&ドロップ対応などを予定しております。
 ※「拝気石」は「KIN」に変換することで継続してご利用いただけます。

■ゲームイメージ

[画像2: リンク ]

■川上 稔(かわかみ・みのる)について
 1996年『パンツァーポリス1935』で第3回電撃ゲーム小説大賞※《金賞》を受賞し、同作でデビュー。電撃文庫にて、都市シリーズ(全15巻)、AHEADシリーズ(全14巻)などのヒット作を重ね、現在はGENESISシリーズ『境界線上のホライゾン』、OBSTACLEシリーズ『激突のヘクセンナハト』(共に電撃文庫)を刊行中。
 ※現「電撃小説大賞」となります。

■関連サイトURL
・KADOKAWAオフィシャルサイト:リンク
・アスキー・メディアワークス公式サイト:リンク
・電撃25周年公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。