logo

The Invest In Mali Forum 2017の発表

API-MALI 2017年07月18日 10時23分
From 共同通信PRワイヤー

The Invest In Mali Forum 2017の発表

AsiaNet 69308 (1054)

【バマコ(マリ)2017年7月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*マリの投資・振興のための国際イベント、バマコで2017年12月7-8日

サブサハラ(サハラ以南)のアフリカでの事業・投資の戦略的立地としてマリを振興する大型国際イベントThe Invest in Mali Forum 2017(2017年マリ投資フォーラム)が、Mali Investment Promotion Agency(マリ投資促進庁、API-MALI)の主催、世界銀行の後援により、2017年12月7-8日にマリのバマコで開催される。

(Photo: リンク

▽「マリのイメージを変える」フォーラム
API-MALIのゼネラルマネージャー、ムサ・イスマイラ・トゥレ氏が「マリに賭けよう!」と主張するように、このイベントのきっかけは「わが国を地域的・国際的投資家にとって魅力のある選択肢にする」行動への明確な呼び掛けである。

▽2日間の討論会、会議、企業間会合
The Invest in Mali Forum 2017は、高レベルの会議、討論会、目的に合わせた企業間会合、視察、並びに主要国際参加者、出展者、マリ地域社会との話し合いなどがある。西アフリカの経済的ハブとして同国を紹介するのが目的である。

▽高い可能性のある部門への投資
このフォーラムは、農業、畜産、インフラストラクチャー、エネルギーの重要4分野に絞った新プロジェクトへの利害関係者のコミットを促進するマリの経済開発戦略、投資促進策や施策の全体像を投資家に示す。

▽マリにコミットする主要パートナー
世界銀行とそのInvestment Climate 3およびPACAMプログラム、米国国際開発局(USAID)、Feed the Futureイニシアチブ、アフリカ開発銀行(AfDB)、Dutch Cooperation、Chamber of Commerce and Industry in Mali(マリ商工会議所、CCIM)、National Council of the Patronage of Mali(CNPM)などの主要パートナーの支援により、このイベントは「未来と可能性のあるところに目を向けるマリに賭けよう」という明確な目標をもって強力な参加者を集める。

The Invest In Mali Forum 2017の最新情報は以下を参照:
リンク

▽Mali Investment Promotion Agency(API-MALI)について
Mali Investment Promotion Agency(マリ投資促進庁、API-MALI)は2005年、投資省の傘下に創設された行政機関である。API-MALIは、マリでの全ての事業開設手続き、投資支援、投資の認可と保証の発給の単一の窓口である。

ソース:API-MALI

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。