logo

『トランスフォーマー/最後の騎士王』 の変形フィギュアが発売!岡崎体育さんの公式ソングも!

株式会社タカラトミー 2017年07月13日 17時43分
From 共同通信PRワイヤー

2017年7月13日

株式会社タカラトミー

“日本の玩具発”の変形ロボット「トランスフォーマー」 実写映画化10周年

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』変形フィギュアシリーズ約30種を発売!

7月15日~17日 オプティマス・プライム&バンブルビーの都内パトロール、
岡崎体育さんによるタカラトミー・トランスフォーマー公式ソングも!

映画は8月4日公開!

“日本の玩具発”の変形ロボットキャラクター「トランスフォーマー」(※1)が実写映画化10周年を迎える今年、シリーズ最終章の幕開けとなる『トランスフォーマー/最後の騎士王』が2017年8月4日(金)より全国の劇場で公開されます。株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、映画の公開に先駆け、劇中に登場するトランスフォーマーの変形フィギュアシリーズを、年間を通して約30種発売してまいります。そのメイン商品として、映画の主人公“オプティマス・プライム”の大型フィギュアである「TLK-15キャリバーオプティマスプライム」(希望小売価格 8,000円/税抜き)を7月15日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」リンクにて発売いたします。
 また、映画や玩具の盛り上がりに合わせて、7月15日(土)から17日(月・祝)にかけて実車版のオプティマス・プライムとバンブルビーの都内パトロールや、岡崎体育さんによる、タカラトミー・トランスフォーマー公式ソング「Emblem」の制作も決定いたしました。

「トランスフォーマー」は株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が作り出した“日本の玩具発”の変形ロボットキャラクター。1984年よりアメリカでのテレビアニメ・玩具展開が始まり、翌1985年に、日本でも逆輸入される形で展開がスタートしました。
 『トランスフォーマー/最後の騎士王』の変形フィギュアシリーズには、タカラトミーが33年間培ってきた変形フィギュア開発のノウハウが活かされており、ロボットモード(ロボットの形態)からビークルモード(乗りものの形態)に、まるでパズルのように変形させることができるのと同時に、いずれのモードでも劇中の姿が忠実に再現されていることが特徴です。また、ロボットフィギュアとしての遊び応えにもこだわっているため、幅広いポージングをお楽しみいただくことができます。
 通常の変形フィギュアのほかに、低年齢ユーザーの“ごっこ遊び”に特化した「スピードチェンジシリーズ」も合わせて発売いたします。このシリーズの変形フィギュアには、キャラクターごとに異なる驚きの仕掛けによってビークルからロボットへの瞬時の変形が可能な“1秒変形ギミック”が搭載されています。

 パズルのような変形と劇中再現度の高いデザインを兼ね備えた変形フィギュアシリーズと、驚きのギミックで手軽に変形楽しめる「スピードチェンジシリーズ」をそれぞれ展開することによって、子どもから大人、玩具ユーザーから映画ファンまでの幅広い層に変形フィギュアの楽しさをお届けしてまいります。

--------------------------------------------------

■ オプティマス・プライム&バンブルビー都内パトロール

 映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の公開を記念して、人気キャラクターのオプティマス・プライムとバンブルビーの実車版が、7月15日(土)から7月17日(月・祝)にかけて東京都内4エリアをパトロールします。
 7月13日(木)には、お台場にてオプティマス・プライムとバンブルビーの「出発式」が開催されました。

<パトロール運行スケジュール>
● 7月15日(土)
  秋葉原・渋谷・新宿エリア

● 7月16日(日)
  お台場・渋谷・新宿エリア

● 7月17日(月・祝)
  渋谷・新宿エリア など


■ 岡崎体育さんによるタカラトミー・トランスフォーマー公式ソング「Emblem」の制作が決定!

  『トランスフォーマー/最後の騎士王』変形フィギュアシリーズの発売を記念して、タカラトミーのトランスフォーマー公式ソングとなる楽曲「Emblem」を、ご自身も「トランスフォーマー」のファンだという岡崎体育さんが制作することが決定いたしました。
 「Emblem」の楽曲解禁につきましては、今後の発表をお待ちください。

<岡崎体育さんコメント>
●楽曲歌詞の中での象徴的なワンフレーズについて
  「楽曲タイトルの通り、『エンブレム』です。エンブレムには自分が守るべきものや戦いの意味を思い出させてくれる重要な意味を成すものだからです。VS構造をテーマにしている今作の楽曲の中で重要なキーワードになると思います。」

●今回楽曲制作を担当することになった感想
「『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(※2)を見ていた世代なので、自分がSF作品に触れる事になった原点の作品に関わる事ができて光栄です。」

<岡崎体育さんプロフィール>
京都在住の男性ソロプロジェクト。2016年4月に公開された「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のMVが大きな話題を呼び、同年5月発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』は、オリコンウィークリーチャート初登場9位、iTunesのJ-POPチャートで最高位1位を獲得。その「MUSIC VIDEO」は『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。メジャーデビュー元年とは思えないめざましい活躍で一躍お茶の間にその名を知らしめた。そして今年6月にリリースされた2ndアルバム『XXL』は、オリコンウィークリーチャート2位を記録。その独創的な音楽性とエンターテインメント性を武器に、更なる飛躍が期待されている。


--------------------------------------------------
<<映画情報>>

『トランスフォーマー/最後の騎士王』2017年8月4日(金)全国公開!

人類の味方、オプティマス・プライムが何と最大の敵に?
そしてバンブルビーと激突!
邦題が示す<最後の騎士王>とは一体何者なのか…?

『トランスフォーマー/最後の騎士王』公式サイト: リンク


<『トランスフォーマー/最後の騎士王』変形フィギュアシリーズ 商品情報>>

取扱い場所  : 全国の玩具専門店、家電量販店等の玩具売場、インターネットショップ等
タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(リンク) 
販売目標  : 初年度シリーズ合計 50万個   
ホームページ  : リンク
著作権表記  : (C) 2017 TOMY. (C) 2016 Paramount Pictures Corporation.
                All Rights Reserved. TM & (R) denote Japan Trademarks.
                「トランスフォーマー」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

商  品  名  : トランスフォーマームービー 「TLK-15キャリバーオプティマスプライム」
希望小売価格  : 8,000円(税抜き)
発売日  : 2017年7月15日(土)
対象年齢  : 5歳以上
商品内容  : 本体×1、オーバーシールド×1、キャリバーアックス×1、テメノスソード×1、
        エナジーソード×1(初回のみ)
商品サイズ : ロボット変形時 W110×H230×D90㎜

商  品  名  : トランスフォーマームービー 「TLK-06 スピードチェンジ バンブルビー」
希望小売価格  : 1,200円(税抜き)
発売日  : 2017年7月15日(土)
対象年齢  : 5歳以上
商品内容  : 本体×1
商品サイズ : ロボット変形時   W60×H120×D50㎜


--------------------------------------------------


(※1)「トランスフォーマー」とは、株式会社タカラトミー(当時:株式会社タカラ)が作り出した“日本の玩具発”コンテンツで、「Robots in disguise」=『ロボットが身の回りにある、ありとあらゆる物体に自由自在に変形し、潜んでいる』という唯一無二のコンセプトや、自由自在に変形することができる超ロボット生命体が宇宙を舞台に戦う壮大なストーリーと共に展開しています。1984年にアメリカで玩具発売後、アニメやコミックが大ヒットし、1985年に日本でも玩具販売とアニメがスタート。2007年、スティーブン・スピルバーグとマイケル・ベイによりハリウッドで実写映画化され世界中で大ヒットし、2017年8月には『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開されます。2016年には、トランスフォーマー玩具の最高峰シリーズ「トランスフォーマー マスターピース」が「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞いたしました。
現在では世界130以上の国と地域で5億個以上の販売実績を持つ、世界中で大人気のキャラクターとなっています。


(※2) 『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』は、全編を3DCGで再現した世界初のテレビアニメで、日本では1997年から1998年にかけて放送されました。トランスフォーマーたちが、これまでの乗りものや機械に“変形”するのではなく、生身の動物へ“変身”するという、それまでのトランスフォーマーとは大きく異なる内容でも話題になりました。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事