logo

バイタリフィとCUVEYES、ベトナムでラボ型オフショア開発契約を締結

株式会社バイタリフィ 2017年07月13日 13時00分
From DreamNews

ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム国ホーチミン市、代表:櫻井岳幸)はこの度、ヘルスケアにエンターテインメントを掛け合わせた運動促進アプリケーションサービスを提供するCUVEYES(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮武拓也)に、アプリ事業を促進すべくベトナムでラボ型オフショア開発契約を2017年7月12日に締結致しました。

<背景・目的>
バイタリフィ子会社のVitalifyAsiaは2008年にベトナムに進出した日系のオフショア開発会社で、現在ホーチミン中心地のオフィスに、80名規模のスマートフォンアプリ、WEB開発に特化したエンジニアリソースを保有しております。
VitalifyAsiaのラボ型オフショア開発は、アプリ開発を強みとしており、今回のCUVEYES社との契約においては、CUVEYES社が推し進めるヘルスケアにエンターテインメントを掛け合わせた運動促進アプリケーションサービスの開発をラボ型オフショア開発にて実施する運びとなりました。
また、オフショア開発の検討より約2週間という異例のスピードでチーム構築を行いました。

<今後について>
CUVEYES社ではこれを機に継続的にベトナムオフショアリソースの確保を通じてアプリ開発を進めていき、自社サービスの改良や保守運用、新たなアプリ開発などを目指していく予定。


ベトナムではスマートフォンアプリ開発のエンジニアを日本国内よりも容易かつ安価に確保できる利点があるため、日本国内においても優秀なエンジニアリソースが供給できる国として、注目を浴びております。

バイタリフィグループは総勢120名で毎年100本以上のスマートフォンアプリやWebサービスの開発を行っており、様々な実績を有しております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■会社概要

商号  :株式会社バイタリフィ(リンク
代表者 :代表取締役 川勝潤治
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストゥルビル8F
設立年月:2005年9月21日
事業内容: ベトナムオフショア開発、スマートフォンアプリ企画開発

商号  :Vitalify Asia Co.,Ltd. (リンク
代表者 :Managing Director 櫻井岳幸
所在地 :224A-224B DienBienPhu Street,Ward7,District3,HoChiMinhCity
設立年月:2008年5月
事業内容:オフショア開発、スマートフォンアプリ開発、Webサービス開発、ベトナム進出支援、ベトナム語翻訳、マーケティング支援

商号  :株式会社CUVEYES(リンク
代表者 :代表取締役社長 宮武拓也
所在地 :東京都港区新橋6-9-2 新橋第一ビル 3F
設立年月:2017年2月1日
事業内容:ヘルスケアとエンターテインメントを掛け合わせたビジネスモデルの開発

■本件に関する問い合わせ先
バイタリフィ/Vitalify Asia 板羽(いたば)、市村
 リンク  
TEL:03-5428-6346

キューヴアイズ/CUVEYES 阿部
info@cuveyes.com
TEL: 03-6435-7204


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事