logo

甘くて病気に強い新品種メロンの初収穫と試食を実施 -- 近畿大学

近畿大学 2017年07月13日 08時05分
From Digital PR Platform


近畿大学農学部(奈良県奈良市)農業生産科学科教授 野々村照雄らは、株式会社松井農園(奈良県磯城郡田原本町)との共同研究で、メロンの新品種「バンビーナ」を開発した。メロンが枯れてしまう病気「フザリウム病」への耐性を持ち、かつ糖度が高いことが特徴。このたび、平成29年(2017年)7月19日(水)、松井農園の温室でバンビーナの初収穫と試食を行い、今後の商品化について意見を交わす。


 フザリウム病は、カビの一種であるフザリウム病菌が植物に感染することで発症する。発症すると最終的には枯れるうえ、土壌に菌が残るため、継続的に被害が発生してしまう。そこで、フザリウム病に強く、かつ糖度の高いメロンを開発するため、近畿大学農学部と松井農園は、平成28年(2016年)4月から共同研究を行ってきた。

 研究により、メロン苗の根にフザリウム病菌の胞子を接種すると、フザリウム病菌に対し耐性を持つことを発見した。また、夕張メロン等の他品種が糖度13~15であるのに対し、糖度16以上の、甘くて病気に強いメロンが完成し、「バンビーナ」と命名した。

 今回は、「バンビーナ」を学生とともに収穫した後、試食を行い、今後の商品化に向けて意見を交わす。なお、試食のメロンは、報道関係者用にも用意する。

■日 時: 平成29年(2017年)7月19日(水) 14:00~16:00
■場 所:
 株式会社松井農園
 (奈良県磯城郡田原本町秦庄272、近鉄橿原線「笠縫駅」から徒歩約3分)
■参加者:
・近畿大学農学部 教授 野々村照雄、農業生産科学科の学生 12人
・株式会社松井農園 代表取締役 松井邦彦

▼本件に関する問い合わせ先
 近畿大学 総務部広報室
 TEL: 06-4307-3007
 FAX: 06-6727-5288

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。