logo

オーティコン補聴器、音のない世界で、言葉の壁を超えた対話を楽しむイベント「ダイアログ・イン・サイレンス」に協賛

聴覚障がい者との対話を可能にし、社会が多様化していくなかでコミュニケーションの大切さを実感

世界をリードする補聴器メーカー、オーティコンは、世界で100万人以上が体験し、今夏日本初開催となる、音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむイベント 「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」に協賛いたします。

プレスリリース
2017 年 7 月14日
オーティコン補聴器  リンク
--------------------------------------------------------------------------------------------
オーティコン補聴器、
音のない世界で、言葉の壁を超えた対話を楽しむイベント「ダイアログ・イン・サイレンス」に協賛

~聴覚障がい者との対話を可能にし、社会が多様化していくなかでコミュニケーションの大切さを実感~
--------------------------------------------------------------------------------------------
110 余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡、以下オーティコン)は、世界で100万人以上が体験し、今夏日本初開催となる、音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむイベント 「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」に協賛いたします。

「ダイアログ・イン・サイレンス」は、聴覚障がいのあるガイドに従って、参加者が音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむイベントです。参加者は、ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドホンを装着して静寂の領域に入り、解放感、共感、集中力などを発見するのに役立つ環境を体験します。聴覚障がいのあるガイドのもと進行されるため、ボディランゲージや他の方法を用いて、音や声を出さずにお互いにコミュニケーションを取ることを実現する、非言語コミュニケーションのワークショップです。

オーティコン補聴器は、「ピープル・ファースト(People First)」~聞こえに悩む人々を第一に考える~を企業理念に掲げており、補聴器は周囲とのコミュニケーションを円滑に図るためのコミュニケーションツールと考えています。社会が多様化していくなかで、お互いを思いやる気持ちを育み、コミュニケーションの大切さを認識する、というダイアログ・イン・サイレンスの趣旨に共感し、この度協賛という形で協力いたします。

オーティコン補聴器 プレジデントの木下 聡は次のように述べています。「音が聞こえない世界を、健聴者が体験できる機会はあまり多くないため、難聴者の心理を真に理解することは困難なのが実情です。この度、ダイアログ・イン・サイレンスが日本で初めて開催されることとなり、多様性を尊重する社会づくりに貢献する活動を応援し、ダイバーシティ社会におけるコミュニケーションの大切さの啓発活動をサポートできることを大変光栄に思います。」
オーティコン補聴器は、聞こえに悩む人々が、生き生きと暮らしていけるような活動を今後も支援してまいります。

「ダイアログ・イン・サイレンス」は、2017年8月1日(火)~8月20日(日)の20日間、新宿ルミネゼロにて開催されます。開催概要については、「ダイアログ・イン・サイレンス」公式サイトをご覧ください。
リンク

【DIALOGUE IN SILENCE(ダイアログ・イン・サイレンス)開催概要】
開催期間: 2017年8月1日(火)~8月20日(日)
開催時間: 11時~19時半スタートの回まで一日16回開催予定(体験時間:約90分)
開催場所: LUMINE 0 NEWoMan新宿 5F
参加費(事前予約制): 大人 4000円 大学生 3000円 小・中・高校生 2000円
主催: 一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ
■イベント公式サイト: リンク
■オーティコン ダイアログ・イン・サイレンス協賛特設サイト:リンク

■オーティコンについて
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより 1904 年にデンマークに創設されました。オーティコンは世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホールディング社の傘下にあります。その日本法人としてオーティコン補聴器は 1973 年より日本市場における製品の製造・販売を行っています(リンク)。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者とともに開拓してきました。1977 年には先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所を設立、世界中から参集した様々な分野の科学者と 1,000 人以上のテストユーザーと共に将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。
※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン補聴器 マーケティング部 (担当:山口、室井)
TEL:044-543-0615 FAX: 044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ダイアログ・イン・サイレンス

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。