logo

DAMAC会長が大統領との会談で成長するクロアチアの観光部門を称賛

DAMAC Properties 2017年07月12日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

DAMAC会長が大統領との会談で成長するクロアチアの観光部門を称賛

AsiaNet 69254

ザグレブ(クロアチア)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、2017年7月11日/PRニュースワイヤー/ --

DAMACのフセイン・サジワニ議長は国の視察で「強力な投資機会」を確認;観光部門はより強力なFDI(直接投資)を呼び込み、更なるGDP成長を推進できる

DAMACインターナショナル(DAMAC International)会長のフセイン・サジワニは、クロアチアの風光明媚なアドリア海沿いにある多数の人気観光都市訪問の後、本日クロアチア大統領コリンダ・グラバル=キタロヴィッチに迎えられました。

(ロゴ: リンク )

(写真:
リンク )

サジワニ氏は、次のように述べました。「グラバル=キタロヴィッチ大統領にお会いでき、光栄です。クロアチアは常に世界中の観光旅行者に人気があると同時に、外国企業にとって魅力的な企業に優しい環境ですから、私たちはクロアチアの数多くの投資機会について話しました。クロアチアは、沿岸の住宅開発、ホスピタリティー、レジャー、スポーツ、娯楽の他、訪問客をターゲットにしたサービスなどの部門で投資が見込める広範なトラベルオプションを提供しています。常により多くの観光客を惹きつけることのできる力は、外国直接投資を促す安定した政治、経済、社会的条件のみならず、ユニークな体験を提供することで幅広い旅行者にとっての同国の魅力を示しています」

クロアチアは、アドリア海の目を見張るような海岸線のおかげで、世界中の観光旅行者にとって人気の目的地になりつつあります。旅行と観光は常に同国のGDPの重要な要因であり、世界経済フォーラムの2017年旅行・観光競争力レポート(The Travel & Tourism Competitiveness Report 2017:リンク )によれば、2016年には約10.1%を占めました。

DAMACは、英国で50階建てAYKONロンドン・ワン(AYKON London One)住宅開発の45%以上が先行予約販売済みという成功を受け、引き続きヨーロッパの玄関都市や旅行目的地での拡大の機会を探ります。AYKONロンドン・ワンは、ロンドンで最高級の場所になるはずであり、ヨーロッパで初めてヴェルサーチホーム(Versace Home)と共同で設計されました。

先月DAMACは、オマーン政府により港をホテル、住居や食事、小売店、レジャーなどの統合型観光港とライフスタイル目的地に変身させる歴史的な10億米ドルのマスター開発プロジェクトであるマスカットのポート・スルタン・カーブース(Port Sultan Qaboos)を再開発するよう選ばれました。

DAMACはこれまでに1万8500軒以上の家を引き渡しており、4万4000ユニットがさまざまな開発段階にあります。同社の拠点は中東全体に及び、UAE、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、レバノン 英国、オマーンに大型プロジェクトを抱えています。

詳細は、www.damacproperties.comをご覧ください。

DMAC Propertiesは、2002年以降中東の高級不動産市場の最前線で世界各地からの居住者に贅沢な生活体験を届けています。最高級のスタイリッシュな生活を届けることで成功を収めたDAMAC Propertiesは、地域の高級デベロッパーのリーダーとしてその地位を確立し、アイコニックなデザインや最高品質を届けています。同社の拠点は中東全域に広がっており、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、レバノン、英国でプロジェクトを抱えています。

2017年3月31日現在でDAMAC Propertiesは約1万8500戸の住居を提供しています。同社は、1万3000のホテルルーム、サービス付きマンション、ホテル、別荘から成る様々な進捗・計画段階の4万4000以上の案件の開発ポートフォリオを有しており、これらの管理は同社のホスピタリティー部門であるDAMAC Hotels & Resortsが行います。構想と勢いを持つDAMAC Propertiesは次世代の中東でのラグジュアリーな生活を作り上げています。

DAMAC Properties のFacebook
リンク )、Twitter
(@DAMACofficial)(リンク )及び YouTube
リンク )でフォローして下さい。



(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。