logo

格安SIMの通信速度を比較できる無料のWebツール「SIMW」が公開 不透明な「MVNOの通信速度状況」の透明化を目指す

株式会社Gogasha 2017年07月11日 12時00分
From ValuePress!

株式会社Gogasha(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鏑木 啓之、以下 Gogasha)は、2017年7月10日(月)より格安SIMの実際のデータ通信速度をリアルタイムに表示し、ブランドごとに比較できるWebツール「SIMW(シムゥ)」を公開致しました。



[資料: リンク ]

SIMW: リンク

■SIMWとは?

【SIMW(シムゥ)】とは、人気の格安SIM事業者の通信速度を自動計測し、リアルタイムに公開するWebツールです。契約する前には分からない格安SIMの「実際の通信速度」を容易に知ることが可能で、ブランドごとに比較もできます。ブランド選択以外にも、期間や[上り][下り]を選択できます。

現在、下記のシェア上位6ブランドに対応しています。
・OCN モバイル ONE
・IIJmio(タイプD)
・mineo(Dプラン)
・楽天モバイル
・BIGLOBE SIM
・FREETEL

今後、対応ブランドは随時増やしていく予定です。


■開発の経緯と目的
現在、日本において大手携帯会社から格安SIMへの乗り換えが拡大しています。しかし、2016年12月に総務省は、MVNOの普及率が未だ8.6%に留まっていると発表しました。

その理由のひとつとして、「格安SIMの通信速度への不安」が挙げられます。


「格安SIMの通信速度って実際どうなの?」
「格安SIMに興味は持っているけど、どのブランドが速いの?」
「今使っているMVNOより通信速度の安定したMVNOはないの?」

といった不安や疑問を抱くユーザーに少しでも参考になればと思い、SIMWを開発しました。

そして、Gogashaは、国でもなく事業者でもない第三者として、通信速度を計測・蓄積・発信することによって、格安SIMの不明瞭な通信速度状況の透明化を目指します。

■将来的には日本全国の通信状況を可視化することも視野に
SIMWは現在、「都内一箇所」の「6ブランド」の「限られた計測数」にとどまりますが、今後は、SIMWをアプリ化し一般公開することで、「日本全国」の「全てのブランド」の「大量のデータ」を基に、日本のモバイル通信状況の可視化に挑戦します。


[資料: リンク ]
[資料: リンク ]
[資料: リンク ]
[資料: リンク ]


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事