logo

広島産牡蠣エキスを100%使用!「いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」新発売!

キッコーマン株式会社 2017年07月11日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

7月11日

キッコーマン株式会社 リンク

広島産牡蠣エキスを100%使用した、だし入りしょうゆ!
「キッコーマン いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」新発売!

キッコーマン食品株式会社は、8月21日より、「キッコーマン いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」を全国で新発売します。

【画像: リンク

■商品特徴
「キッコーマン いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」は、濃厚でありながらもクセがなく、すっきりとした牡蠣の旨みが特徴の、だし入りしょうゆです。牡蠣エキスには、生産量日本一の広島産を100%使用しました。さらにしいたけ、ほたて、昆布のだしを使用することで、濃厚な味わいに仕上げました。
通常のこいくちしょうゆに比べて、食塩分を25%カットしました(*1)。食塩分が気になる方にもおすすめです。

牡蠣をはじめ、複数のだしを使うことでうまれる濃厚な旨みが、煮物などの調理メニューを味わい豊かに仕上げます。また、卵かけごはんなどのつけ・かけや、炊き込みごはんなどにもおすすめです。

■だし入りしょうゆについて
だし入りしょうゆは、しょうゆと同様につけ・かけ・調理に幅広く使うことができます。だしの旨みがあるので、1本で簡単に味が決まります。一般的なこいくちしょうゆよりも食塩分が低いものが多く、食塩分が気になる方にもおすすめの調味料です。

だし入りしょうゆとひとことで言っても、地域によって使われるだしの種類にそれぞれ特徴があります。
・北海道、東北、北陸地方…主に昆布
・関東、中部地方    …全国各地のさまざまなだし
・近畿地方       …主にかつお、かつおと昆布の合わせだし 
・中国地方       …主に牡蠣、かつおと昆布の合わせだし
・四国地方       …主にかつお、煮干し、さば
・九州地方       …主にかつお

キッコーマンでは、“いつでも新鮮シリーズ”で「削りたて鰹節香るしょうゆ」「旨み豊かな昆布しょうゆ」「旨み広がるだししょうゆ」の3種類のだし入りしょうゆを発売しています。今回、「旨みあふれる牡蠣しょうゆ」が仲間に加わり、合計4種類のラインアップになりました。

■いつでも新鮮シリーズについて
“いつでも新鮮シリーズ”は、2010年9月の「いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」500mlパウチ(現在は終売)の発売を皮切りに、2011年8月には200mlボトル、2012年8月には450mlボトル、2014年8月には330mlボトルを発売しました。“いつでも新鮮 やわらか密封ボトル”(*2)を使っているため、開栓後も常温で90日間、しょうゆの鮮やかな色、味、香りを保ちます。

そのおいしさと使い勝手の良さから、ご好評いただいている“いつでも新鮮シリーズ”全体の2016年度の売上は、105億円となりました。現在、お客様の用途に合わせてお選びいただけるよう、原料や製法にこだわった生しょうゆや、減塩・低塩タイプ、だししょうゆなどを発売しており、今回発売する「いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」と同日発売の「いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」「いつでも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ(九州エリア限定)」を合わせ、全16種類22アイテムのラインアップとなります。

当社は、しょうゆの国内トップメーカーとして、これからもお客様のニーズにお応えした商品の開発に取り組んでまいります。

(*1)こいくちしょうゆ(食塩分17.1%:日本食品標準成分表2015による)と比較して

(*2)ボトルの中にしょうゆが詰められた内袋が入っている「二重構造スクイズボトル」と、注いだしょうゆと同量の空気がボトルと内袋の間に入り、内袋には空気が入らない仕組みの「ダブル逆止弁キャップ」を採用した、使いやすさと新鮮さをキープする機能を兼ね備えた容器です。押す力の加減により、一滴単位から注ぐ量を調節できます。

                   記

1.品名及び内容量、価格
品 名  キッコーマン いつでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ
内容量  450mlボトル
希望小売価格  280円(1本あたり、消費税別)
※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。

2.発売時期  2017年8月21日
3.発売地域  全 国
4.消費者お問い合わせ先  キッコーマンお客様相談センター  TEL 0120‐120358

                                    以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事