logo

ConnectCore 6UL SBC Proを発売

強力なシングルボードコンピュータが卓越した設計の柔軟性を提供

ミッションクリティカルなM2MおよびIoTコネクティビティ製品・サービスのグローバルリーディングプロバイダであるディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、マイク・ゲルゲン代表取締役)は本日、アプリケーションプロセッサNXP i.MX6UL (Cortex-A7 @ 528 MHz)をベースとした高性能かつセキュアで電波法認証取得済みのシングルボードコンピュータ(SBC)である「ConnectCore 6UL SBC Pro」を発売すると発表しました。

Digi ConnectCore 6UL SBC Proは、IEC 60068-2-1に準拠し、工業用温度と衝撃/振動に対する頑丈な性能を持つよう設計された、コンパクトなPico-ITXフォームファクタ(100mm×72mm)に完全に統合した多様なコネクティビティオプションを提供します。本製品は、デュアル10/100 M bitイーサネット、事前認証済みデュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth Low Energy (BLE)対応Bluetooth 4.2ならびに、セルラー機能のオプション、802.15.4、ZigBee、Thread、DigiMesh、サブギガワイヤレスコネクティビティといった多種多様なDigi XBee RF モジュール向けのDigi XBeeソケットサポートを通じて、有線・無線の統合されたコネクティビティ提供し、デザインエンジニアが市場に迅速にソリューションをもたらすために必要な柔軟性を与えます。データロギングとストレージアプリケーションのための4GBのeMMC flashなどの追加機能、および多数のペリフェラル/インタフェースオプションが、デザインインテグレーションに完全な柔軟性を与えます。

ソフトウェアの観点から見れば、Digi ConnectCore 6UL SBC Pro は従来に比べて非常に少ない労力とリスクで、自分のデザインを個別にカスタマイズする柔軟性をデザインエンジニアに提供します。ConnectCore 6UL SBC Proは、Yocto Project Linuxのソフトウェアプラットフォームに基づきテストされ、Digi TrustFenceのデバイスセキュリティフレームワークを備えたDigi Yocto Linux Board Support Package (BSP) を通じてソースコードへの全面的なアクセスをライセンス料なしで提供します。ConnectCore 6UL SBC Proはまた、完全な開発環境を備えており、Huawei、Quectel、Sierra Wireless、Telit、uBloxなど多様なサードパーティ製セルラーモジュール向けの独自サポートも提供します。内蔵の Digi Remote Manager の機能によって、無線によるセキュアなリモートデバイスマネジメントとファームウェアのアップデートができます。

「Digiの ConnectCore 6UL SBC Proによってインテリジェント装置のメーカーはコアコンピテンシーに注力し、ネットワーク製品とアイデアをより低いリスクで速やかに市場にもたらすことができます。デザインの柔軟性、実証済みのワイヤレスコネクティビティインテグレーション、業界最先端のすぐに使えるLinuxソフトウェアプラットフォームサポートを兼ね備えた製品化対応が可能で、高い信頼性かつセキュアな組込みプラットフォームを提供します」と、Digi International 社のプロダクトマネジメント・エンベデッドシステム・RFディレクタのマイク・ローモウザーは話しています。

地質工学および構造モニタリング製品とサービスのプロバイダであるGEO-Instruments社は、顧客の業務を合理化するDigi ConnectCore 6UL SBC Proを利用するフィールド機器を構築しています。従来、フィールドエンジニアは現地で測定結果を記録し、オフィスに戻って測定データをデスクトップPCにダウンロードして処理し、最後に作成したグラフを配布していました。しかし今では、技術者はGEO-Instruments 社の付属装置を使って測定データを現場からインターネットに直結したサーバーにアップロードし、そこで自動的に測定を処理しWebサイトで利用可能なグラフを作成しています。

「Digi ConnectCore 6UL SBC Proを使って構築したこの装置は、顧客の時間を大幅に節約しています。これは私たちの中核業務である顧客のデータアクセスを加速する強力な技術です。このオープン開発環境と事前認証機能によって、Digi ConnectCore 6UL SBC Proは私たちの開発をリスクが小さく利点が大きいものにしました」と、GEO-Instruments, Inc.のソフトウェア開発者であるデヴィッド・ブランゼ氏は話しています。

ConnectCore 6UL SBC Proは、169ドル(数量1000個の場合)で、Digiの全世界の認定ディストリビュータを通じて購入することができます。


■Digi International 社の概要
Digi International社 (NASDAQ: DGII)は、事業にとって基本的に重要なM2MおよびIoTコネクティビティ製品とサービスを提供する世界のリーディング企業です。当社は高度の安全性、確固とした信頼性、完璧な実績に基づいて、厳しい環境下で次世代のコネクティビティ製品を創造し、きわめて重要なコミュニケーションインフラストラクチャを導入・管理する顧客企業を支援いたします。当社は1985年に設立され1億件以上の顧客接続案件の取扱実績があり、さらに成長中です。

このプレスリリースの付帯情報

ConnectCore 6UL SBC Pro

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。