logo

ファイルメーカー、「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表

FileMakerプラットフォームで作成したカスタム Appをチームで共有する際にサーバー導入と管理の負荷が大幅に低減

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、日本で FileMaker Cloud がリリースされたと発表しました。FileMaker Cloudは AWS Marketplaceを通じて提供され、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働します。

【報道発表資料】
2017年7月11日

ファイルメーカー、「FileMaker Cloud」の日本リリースを発表

FileMakerプラットフォームで作成したカスタム Appを
チームで共有する際にサーバー導入と管理の負荷が大幅に低減

2017 年 7 月 11 日 – ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、日本で FileMaker Cloud がリリースされたと発表しました。FileMaker Cloudは AWS Marketplaceを通じて提供され、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働します。FileMaker Cloudは、FileMaker プラットフォームのシンプルさ、優れたパフォーマンス、および高い信頼性を備えながら、サーバーの展開やメンテナンスに時間やリソースを割く必要がありません。FileMaker Cloudについて、さらに詳しくはこちら: リンク

FileMaker Cloud は2016年9月に米国での提供を開始し、2017年3月にはヨーロッパにも展開されました。このたびさらに3つのリージョン、東京、シドニー、およびカナダのAmazon Web Services (AWS) データセンターに対するサポートが追加され、より国際的に利用可能になりました。世界中のあらゆる規模の組織が、自社の独自ニーズに合わせて作成するアプリケーション(カスタム App)をFileMakerプラットフォームで開発・展開していますが、本サービスを利用してそのカスタムAppをクラウド上で管理してチームに共有すれば、業務の改善と予算の合理化を実現できます。

FileMaker Cloud には次のような多くの利点があります:

• 低い初期費用: サーバーハードウェアのための支出は不要です。FileMaker Cloudをサポートする AWSの サーバーは、日本、米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ドイツにあります。お近くのリージョンをお選びいただけます。

• スピーディな展開: サーバーハードウェアのセットアップやソフトウェアのインストールは必要ありません。20 分程度で FileMaker Cloud を稼働できます。

• 即時のスケーラビリティ:本サービスではお客様の急なニーズまたは季節のニーズに合わせて簡単に拡張または縮小できます。ハードウェアを追加購入する必要も、使用しない機器をメンテナンスする必要もありません。

• 最小限の管理オーバーヘッド:管理画面(Admin Console)は見やすくわかりやすいデザインのユーザインターフェースで、容易に使えます。また、自動メンテナンスや自動バックアップでIT 部門の負荷が軽減します。

• ネットワークセキュリティ:本サービスは業界標準の SSL/TLS レベルの暗号化をサポートしています。構成およびインストール済みの 90 日間の評価用 SSL 証明書が付属しており、これらの SSL 証明書は公式オンラインストアの FileMaker Store で同じホスト名とドメインを使用して更新できます。更新期間は 1 年、2 年、または 3 年からお選びいただけます。


ファイルメーカー株式会社 社長 ビル・エプリングは次のように述べています。「FileMaker Cloud を導入することで企業・組織は自社サーバーの購入やメンテナンスの負荷とコストを低減できます。このたび日本でもAWSのデータセンターが利用可能になり、日本のお客様にFileMaker Cloudのこうした利点をご提供できることを嬉しく思います。」

国立病院機構 大阪医療センター 産科医長/医療情報部長 岡垣篤彦氏は、次のように述べています。「FileMaker Cloud はFileMaker と AWS の2つの強固なセキュリティがバンドルされた状態で提供されるとのことです。患者さんの個人情報を含む場合に使用できるかはよく検証する必要がありますが、医療分野には個人情報が含まれないデータの公開や交換のニーズも多く存在します。このようなデータを迅速かつセキュリティ上の脅威を低減させながら取り扱うことができれば多くの医療ニーズを満たすことが可能となります。今回FileMaker Cloudの提供が開始されることにより、これまで実現が難しいと思われた仕組みのいくつかが現実のものとなると期待しています。」


ファイルメーカー社が主催するFileMakerの総合イベント「FileMakerカンファレンス2017」(10月23日〜25日、パシフィコ横浜 会議センター)では、FileMaker Cloudをはじめ、カスタム Appをクラウドで展開することを検討しているお客様向けに、セッションやワークショップ、展示ブースをご用意します。参加、入場は無料ですが事前登録が必要です。詳しくはこちら: リンク
※ カンファレンスの内容やスケジュールは予告なく変更になる場合があります。


【ファイルメーカー社について】
ファイルメーカー社 リンク は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Web のすべてにわたってシームレスに動作するカスタム App を簡単に作成するためのシンプルでパワフルなソフトウェアを提供します。多くのビジネスチームが業務プロセスを効率化するために FileMaker プラットフォームを活用し、チーム全体の生産性を向上させています。米国本社の FileMaker, Inc. は Apple Inc. の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社は FileMaker, Inc. の子会社です。

###

報道関係者の方からのお問い合わせ先:
ファイルメーカー広報担当 FileMaker Press Information
E-mail: filemaker_japan_pr@filemaker.com
リンク

(c) 2017 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker、ファイルメーカー、FileMaker Go およびファイルフォルダロゴは、米国およびその他の国々で登録された FileMaker, Inc. の商標です。FileMaker WebDirect は、FileMaker, Inc. の商標です。その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。価格は日本円の税別価格です。予告なく変更する場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。