logo

2020 年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンに登録!~ニュージーランドの柔道選手らをおもてなしし、市民との交流を深めます~

箕面市は、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、ニュージーランド柔道競技のホストタウンに登録されました。これは、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局により、平成29 年(2017 年)7月7 日に登録されたものです。

箕面市は、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、ニュージーランド柔道競技のホストタウンに登録されました。これは、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局により、平成29 年(2017 年)7月7 日に登録されたものです。
今後は、ニュージーランドの柔道オリンピック(候補)選手と市民の交流イベントを実施します。また、子どもたちが英語にたくさんふれることができるよう、国際協力都市であるハット市とスカイプを通じた交流を行ったり、教職員の人事交流を行うなど、スポーツ・文化・英語教育など様々な面で交流を深めていきます。

1.箕面市の交流内容について
箕面市は、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会において、ニュージーランド柔道競技のホストタウンに登録されました。これは、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の第4 次登録に申請を行った結果、平成29 年(2017 年)7 月7 日に登録されたものです。
箕面市は、平成7 年(1995 年)にニュージーランド・ハット市と国際協力都市提携を締結して以降、ALT(英語指導助手)を派遣していただいたり、中高生の派遣交流を行ったり、交流を重ねてきました。ホストタウン登録を機に、箕面市とハット市のみならず、日本とニュージーランドに交流の輪を広げていきます。
今後は、ニュージーランドの柔道オリンピック(候補)選手や箕面市にゆかりのあるオリンピック選手らと市民の交流イベントを実施します。また、子どもたちが英語にたくさんふれることができるよう、国際協力都市であるハット市とスカイプを通じた交流を行ったり、教職員の人事交流を行うなど、スポーツ・文化・英語教育など様々な面で交流を深めていきます。
<交流内容>
(1) ニュージーランドの理解促進
大使館等と連携して、市内小中学校でニュージーランドの歴史や文化、言語について触れる機会を提供します。
(2) ニュージーランド関係者との交流
ニュージーランドからの柔道オリンピック(候補)選手らを招聘し、講演会や競技体験イベントを通じ、より多くの市民が選手と交流できる機会を提供します。
(3) 日本人オリンピック選手・パラリンピック選手との交流
箕面市にゆかりのあるオリンピック・パラリンピック選手らによるスポーツ教室や講演会を開催し、市民がスポーツを楽しめる機会を提供します。
(4) 国際協力都市・ハット市との交流促進
ハット市からの小・中学生の隔年受け入れやスカイプを活用したリアルタイムでの交流、教職員人事交流プログラムを通して、ハット市との交流を深めます。


2.ホストタウンについて
ホストタウンとは、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催により多くの選手や観客が来訪することを契機に、大会参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を言います。
ホストタウンには、この目的を達成するため、自治体の住民等と「大会等に参加するために来日する選手等」「大会参加国・地域の関係者」「日本人オリンピアン・パラリンピアン」との交流等により、スポーツの振興、教育文化の向上及び共生社会の実現を図ろうとする地方公共団体が登録されます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事