logo

CANopen、SDS、DeviceNet、J1939などの上位層のCANバス-USBアダプターの販売開始

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、USB-CANmodul1の拡張バージョンであり、USB経由でCANをPCに接続するための最も柔軟でコスト効率の高いCANバスインターフェイスソリューションを提供するように設計されたUSB-CANmodul2の販売を開始いたします。
USB-CANmodul2は、USB-CANmodul1の拡張バージョンであり、USB経由でCANをPCに接続するための最も柔軟でコスト効率の高いCANバスインターフェイスソリューションを提供するように設計されています。メッセージは透過的にトンネリングされるため、ののプロトコルをサポートします。新しい32ビットCPUコアは、高いバス負荷でも確実な通信を保証し、正確なメッセージタイムスタンプを提供します。

PCドライバは簡単なプラグ&プレイのインストールを可能にし、同じPC上で最大64のUSB-CANmodul2の同時操作をサポートします。低速および単線CANトランシーバを備えたUSB-CANmodul2は、さまざまなデバイスバージョンで利用できます。8ビットのデジタルI / Oポートも含まれています。USB-CANmodul2は、EMC指令2004/108 / ECに従ってテストされています。

◆POC-USB-CANmodul2の製品仕様
利用可能なCANチャンネル:2
PC接続:USB V2.0フルスピード
CANインタフェース:2に従って、高速CAN CANインタフェース
ISO 11898-2は、光学的単離さ
任意低速またはシングルワイヤは係るCAN
ISO 11898から3を
サポートされるCANトランシーバ:高速CAN:82C251 ,ISO 11898~3
低速CAN:TJA1054
単線CAN:AU5790
CAN仕様:ISO 11858-1 / 2、標準フレーム、拡張フレーム
CANコネクタ:SUB-D9
CANビットレート:10kbps~1Mbps
CANバス機能:リモートフレームを送信する 受信したメッセージのハードウェアタイムスタンプ100μs、タイムスタンプ付きのTxメッセージ受信 モジュールによる循環メッセージの自動送信、ハードウェアアクセプタンスフィルタ、受信のためのコールバックイベント、ステータス変更、接続/切断
Windowsソフトウエア:USB-CANmodul Control - 複数のUSB-CANmodulデバイスを管理する設定ツール
PCAN View - CANメッセージの受信と送信を可能にする簡単なCANモニタ
プログラマーはWindows OSをサポートしています:Microsoft Visual C ++、LabView、Visual Basic .NET用のデモソースを含む
包括的なプログラマAPI SYS TEC CANopen Stackをベースにした
CANopen API for .NET - CANopen対応アプリケーションの簡単な実装を可能にします。
プログラマーはLinux OSをサポートしています:SocketCANベースのAPI
デバイスドライバ:Windows(R)10,8.1,8,7(32/64ビット)、Linux
その他:オプションの8ビットデジタルI / O拡張ポート(TTLレベル)
LEDインジケータ:電源用LED、CAN状態、CANトラフィック
電源:USB電源消費電流:typ。150mA
動作温度:-40~+ 85
ハウジング:テーブルケース
重量:約110g
寸法:100×78×30(LxW×H、mm)

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事