logo

創価大学の学生が「Girls20サミット2017 国際女性会議」に日本代表として参加 -- 同大から3年連続の選出

創価大学 2017年07月06日 08時05分
From Digital PR Platform


創価大学法学部3年の中村茜さんが、ドイツのミュンヘンで6月17日~22日まで開催された「Girls20サミット2017 国際女性会議」に日本代表として参加した。同サミットの参加者はG20加盟国を中心に、18~23歳の応募者の中から書類と面接による審査を経て、各国・地域から1人が選ばれる。日本からは同大の学生が3年連続で選出された。


 「Girls20サミット」は、ビル・クリントン元アメリカ大統領が設立した「クリントン・グローバル・イニシアチブ」が2009年に立ち上げた国際女性会議。「2025年までに女性のために新たな仕事を1億人分創出する」という課題に対する共同声明を作成し、G20の各国の首脳に向けての提言書を作成することを目的としている。また、サミットの参加者には、ビジネスプランニングやリーダーシップなどのスキル開発の機会も与えられる。
 8回目となる今回は、G20加盟国を中心に24カ国・地域の女性代表が集った(パキスタン・アフガニスタンの2か国はビザが取得できず不参加)。

 中村さんら各国代表は、7日間にわたる議論を経て「移民女性が仕事上で必要なスキルを修得するためのトレーニング」「自然災害や気候変動から女性を守り、被害にあった女性たちの健康およびメンタルケア」「理系研究者を目指す女性へのメンター制度」など、14項目の共同声明をまとめた。
 共同声明はサミット終了後の6月26日に、G20・G7で首相の補佐役(シェルパ)を務めたラース・ヘンドリック・ローラー経済金融省大臣へドイツの代表メンバーから提出された。

 中村さんはサミットを振り返り、「さまざまな国から集ったメンバーと共同声明をまとめる中で、文化や法律、政治など背景が異なる場合であっても、抱えている課題の本質には国を越えて共通する点が多いと感じました。このサミット参加者には、帰国後に自分の国でプロジェクトを実行することが求められています。今後、高校や地域等と連携し、高校生が自分の夢や目標を見つける手助けになるようなワークショップを開催したいと思います」と語った。


●Girls20 Summit 2017
リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学 企画部企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。