logo

Academy of Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Areaが発足、湾岸圏建設の調査を提供

Publicity Department of CPC Guangdong Committee 2017年07月03日 17時08分
From 共同通信PRワイヤー

Academy of Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Areaが発足、湾岸圏建設の調査を提供

AsiaNet 69161 (0991)

【広州(中国)2017年6月30日新華社=共同通信JBN】Academy of Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area(広東・香港・マカオ大湾岸圏アカデミー)が6月29日、正式に発足した。これは、広東が広東・香港・マカオ大湾岸圏の建設と「湾岸地域」の調査促進に深く関与することに大きく乗り出す第1歩である。

アカデミーは、Guangdong Provincial Development and Reform Commission(広東省開発・改革委員会)、国務院香港マカオ事務弁公室、広東省社会科学院、Southern Finance Omnimedia Corporation(SFC)が共同で発足させた。

シンクタンク調査の参加は、広東・香港・マカオ大湾岸圏の建設にどのような意味があるのか。

▽国際的な影響を強化
アカデミー創設の目的は、広東・香港・マカオ大湾岸圏の建設が世界競争への中国の関与をどのように前進させるかを調査することである。中央および省のリーダーシップの指示に従い、シェン・ハイション中国共産党広東省委員会常務委員会常務委員兼中国共産党広東省委員会宣伝部長は調査グループを指揮し、Academy of Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Area創設の構想を提案した。アカデミーは政府、メディア、金融市場、シンクタンクを結集する新しい体制を作り、広東・香港・マカオ大湾岸圏の発展を支援する。

広東省社会科学院のワン・ジュン総裁によると、アカデミーは大湾岸圏への強力な人材上の支援であり、組織、協力、研究、研究からの製品化のためのプラットフォームになる。

アカデミーは将来展望と世論分析を提供することによって科学的な政策決定を裏付ける。アカデミーの調査項目は、大湾岸圏、自由貿易ゾーン、一帯一路構想に焦点を合わせ、主に政府機関、企業、仲介組織、金融機関、投資家、研究所、メディアにサービスを提供する。

発起人の1つで、メディア、データ、交流を主要事業とするSFCが、影響力および信頼性の面で中国の競争相手をしのいだことに触れる価値はある。新設のAcademy of Guangdong-Hong Kong-Macao Greater Bay Areaは、SFCが国家戦略を実行し、それに寄与するための重要なプラットフォームの1つである。

アカデミーは毎年、広東・香港・マカオ大湾岸圏の開発状況をまとめ上げ、翌年の開発展望を提出する。一連の青書と白書がリリースされるとともに、政府および社会のための情報とガイダンスが提供される。同時に、アカデミーは国内外の大学教授と協力して合同調査も行う。さらに、国際的な影響力をさらに強化するために、アカデミーは指標およびデータのプラットフォームを構築し、ハイレベルのフォーラムを発足させる。

▽オープンな「実験」をサポートするシンクタンク調査
アカデミー創設は、シンクタンクを通じて広東・香港・マカオ大湾岸圏の建設に広東が参加することを明確に示している。

中国人民政治協商会議広東省委員会常務委員会委員であるモー・ダオミン華南理工大学社会政策研究所教授は、中国が世界経済の支配にさらに関与するという新しい課題に直面していると語った。広東・香港・マカオ大湾岸圏の樹立は中国の「実験場」になり、世界経済で積極的な役割を果たしていく。多様な社会制度と経済形態を抱える広東・香港・マカオ地域は世界市場のミニチュア版と類似する。中国はこの地域で生産要素のフローを容易にする体制と構造を研究し、それを他の国に広げていくことができる。

商務省の中国国際貿易経済協力アカデミーのリサーチャーであるキュイ・ウェイジ氏は、「大湾岸圏」という明確なコンセプトは広東・香港・マカオ大湾岸圏の地域的特色を強調することができると考えている。「大湾岸圏シンクタンク」の創設は政策決定者に重要なガイドラインを提供する。

広東省政府アドバイザーで中国共産党広東省委員会・党校の元副校長であるチェン・ホンギュウ氏は「これは広東にまたとないチャンスを提供する。香港とマカオに隣接する広東は国家開発戦略を履行する必要がある一方で、香港とマカオの国際的なリソースを誘致して珠江デルタでそれを十分に活用し、広東経済および、新たな開発を促進することができる。広東が広東・香港・マカオ大湾岸圏でどのような役割を果たし、経済・貿易の統合をどのように深めていくかについて、われわれはシンクタンクを通じて徹底した調査を実施する必要がある」と語った。

ソース:Publicity Department of CPC Guangdong Committee

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。