logo

屋外自律走行監視ロボット<SV-S500>を米国で発売

シャープ 2017年07月03日 14時19分
From PR TIMES

工場などの敷地内を自律走行。カメラで常時360°撮影し、不審者の侵入などを遠隔監視



[画像: リンク ]


 シャープは、工場や倉庫などの広い敷地内を自律走行し、本体に搭載したカメラで周囲360°を常時撮影、不審者の敷地内への侵入などを遠隔監視できる車型の屋外自律走行監視ロボット<SV-S500>を本年6月に米国で発売。同国の大手警備会社 U.S.Security Associates(※1)に納入しました。

 本機は、GPSを利用して現在地を把握しながら、あらかじめ設定された巡回ルートを時速約5km(※2)で自律走行します。本体前方のPTZ(パン・チルト・ズーム)カメラ(※3)と前後左右に搭載された4台の広角カメラで本体の周囲360°を常時撮影。映像をリアルタイムで監視ルームに送るので、警備員は監視ルームから敷地内の様子を遠隔監視し、不審者の侵入やフェンスの破損などの異常を確認することができます。固定監視カメラでは把握しづらい障害物の陰なども確認でき、巡回警備の負荷低減に寄与します。さらに、本体にはスピーカーとマイクを搭載。不審者発見時には、監視ルームから問いかけたり、不審者の声を聞き取ったりできるほか、サイレンを鳴らすことも可能です。

 また、本機には、一定距離内の人や物を検知すると自動減速または停止するなど、様々な安全設計が施されています。さらに高温や低温環境、降雨時におけるこれら性能の維持が確認され、パーソナルケア(生活支援)ロボットの安全性に関する国際規格「ISO 13482」の認証を取得(※4)しました。

 今後、警備会社をはじめ、工場や倉庫、データセンター、空港や湾岸設備など、広大な敷地を有する企業や施設への提案を進め、警備コストの低減や警備の質の向上に貢献してまいります。

■ 主な特長
1.GPSで現在地を把握しながら、設定された巡回ルートを自律走行
2.PTZカメラおよび前後左右の広角カメラで周囲360°を常時撮影、遠隔監視が可能
3.パーソナルケアロボットの安全性に関する国際規格「ISO 13482」の認証を取得

※1 本社:米国 ジョージア州。全米に160カ所以上の拠点を展開。
※2 走行環境や周囲の状況により変動します。
※3 レンズを上下左右に動かし、ズームの撮影も可能なカメラ。
※4 ISO 13482 Robots and robotic devices:Safety requirements for personal care robotsは、2014年に国際標準化機構(ISO)が発行したパーソナルケア(生活支援)ロボットの安全性に関する国際規格です。本機は、一般財団法人日本品質保証機構の評価を経て認証を取得しました。

本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。(英語)
リンク

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
リンク

【プレスリリース全文(PDF版)】
リンク

【画像ダウンロードサービス】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。